• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

コンセプトは“あなたの生活にプラスになる” 名古屋駅の真ん中に最新商品がずらり 

2022年8月19日 21:22
JR名古屋駅の真ん中に好奇心をくすぐる空間が出現しました。何が行われているんでしょうか?
 「改札と勤務先をつなぐ通り道が最新の商品が並ぶ空間に変わっています」(記者)

 JR東海のグループ会社などが19日から始めた「メイエキ+」

 “あなたの生活にプラスになる”をコンセプトにインターネットで、話題を集めた14社の商品を、実際に手に取って試すことができます。
 

アートな両面パズル「巨匠な破片」(左)ダヴィンチのモナリザ (右)人体図

アートな両面パズル
「こちらのパズル、1ピースが芸術作品のようになっている上に、組み立てると、表はダヴィンチのモナリザ、裏は人体図の”両面パズル”なんです」(記者)
 

美濃焼のペット用具「nnma(んーま)」

美濃焼ペット用の器
 また、東海地方からは、岐阜県多治見市の会社で、ネコ好きのみなさんが開発した美濃焼のペット用の器などが出品されています。
 

クラウドファンディングの仕組み

すべてがクラウドファンディングの商品
 実はこれらの商品、すべて「クラウドファンディング」で生まれたもの。「クラウドファンディング」は、資金調達の方法の1つで、インターネットなどで作りたい商品・実現させたい事業を発表し、賛同してくれた人から資金を集めて、開発を行います。
 

ジェイアール東海エージェンシー 西村健太郎さん

手に取り、気に入ればネットで購入
「実際に気に入ったものはネットで検索して、購入したいタイミングで購入したい価格で購入できる」(ジェイアール東海エージェンシー 西村健太郎さん)

 使い方などを体験してもらってオンラインサイトでの購入につなげる狙いのため、会場では商品を販売していません。

 お仕事帰りに「ついお金を使っちゃった…」という心配もありません。
 

ふじいろの商品

出品者「多くの人に商品を認知してもらえる」
 商品の出品者は、このイベントについて。

「(名古屋駅は)人通りが多いので初めて世に出る商品なので、いろんな方に認知してもらえる」(ふじいろ 尾山翼 社長)
 

駅の新しい価値や使い方を提案

主催者「ワクワクやドキドキを感じ取ってもらえる場に」
 主催者は、こうしたイベントを通して、駅の新しい価値や使い方を提案していきたいと話します。

「普段、何気なく歩いている駅の通路などで、ワクワクやドキドキを感じ取ってもらえる場にしたいという、新しい取り組み」(ジェイアール東海エージェンシー 西村健太郎さん)

 名駅の真ん中(JR名古屋駅 中央コンコース)で、話題の商品を体験できるこのイベントは、21日まで行われています。

(8月19日15:40~放送メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る