• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

別名「フルーツキャビア」珍しいかんきつ類・フィンガーライムの収穫始まる 三重県尾鷲市

2021年10月16日 11:59
 三重県尾鷲市で、オーストラリア生まれの珍しいかんきつ類「フィンガーライム」の収穫が行われています。


 「フィンガーライム」は、丸い粒状の果肉がチョウザメの卵に似ていることから、「フルーツキャビア」とも呼ばれています。

 尾鷲市の農園では10月から収穫作業が始まりました。

 国内での栽培例はまだ少なく、地域の新たな特産品になればと2020年から栽培を始めたということです。

 フィンガーライムはさわやかな酸味や香りがあり、レストランの肉料理や刺身などに添えて使われるということです。

 収穫作業は11月末まで続き、おわせむかい農園のネットショップで販売されます。

これまでに入っているニュース

もっと見る