• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

河村市長「ぐっと歯がくいこむかみ方はしていない」 “金メダルかじり”に配慮が足りなかったと謝罪

2021年8月5日 19:09
ソフトボールの後藤希友選手の金メダルを噛んだことについて、名古屋市の河村たかし市長が謝罪しました。

「後藤選手の宝物だったわけで、配慮が足りず申し訳ない。」(名古屋市 河村たかし市長)

Q「かんだふりをしたのか」

「“かんだふり”よりちゃんと口を付けた。かんだと言われればかんだ」
「ぐっと歯がくいこむようなかみ方はしていない」(河村市長)

 ソフトボール日本代表で金メダルを獲得した、名古屋市出身の後藤希友選手(20)が4日、名古屋市役所を訪問した際、金メダルを手に取った河村たかし市長が、突然メダルを噛みました。

 この行為に対し、市役所にはメールや電話で4000件以上の批判や苦情が来ているということです。

 後藤選手が所属するトヨタ自動車は5日「あるまじき行為で、アスリートへの敬意が感じられず大変残念」と異例のコメントを発表しました。

 河村市長は、5日午後、トヨタ自動車に謝罪文を出していて、後藤選手に対しも「直接謝罪したい」としています。

これまでに入っているニュース

もっと見る