消毒用アルコールをストーブの近くで使うと…暖房器具による火災に注意

2020年11月26日 16:41
寒くなるこの時期に増える暖房器具による火災ですが、今年はアルコールの使用にも注意が必要です。

 NITE=製品評価技術基盤機構によりますと、昨年度までの10年間に、東海3県で発生した暖房器具による火災は128件で、死亡した人は18人に上ります。

 NITEは、これからの時期、服や布団などの可燃物を暖房器具に近づけないよう注意を呼びかけています。

 またNITEは、今年、新型コロナ対策として消毒用アルコールを使用する機会が多くなっていることから、アルコールは揮発性が高く引火する恐れがあるため暖房器具の近くで使用したり、手や指の消毒直後に近づけたりしないよう合わせて呼びかけています。

これまでに入っているニュース

もっと見る