パチンコホールで換気能力の実証実験 空気の流れを可視化して実験

2020年10月26日 16:40
 パチンコホールの団体がホールの換気が悪いというイメージを払しょくするため、ホールの換気能力について、大学教授の監修のもと、実証実験が行いました。

 この実験はパチンコホールの団体がホールの換気が悪いというイメージを払しょくするために行ないました。

 愛知医科大学・感染症科の三鴨教授の監修で行われ、まずホール内にスモークを充満させ営業時と同じ条件で換気を行います。

 するとスモークが徐々に薄くなり、10分後ほとんどスモークが残っていないことがわかりました。

 多くのホールで1時間あたり5回ほど空気の入れ替えが行われているということです。

 団体はできる限りの対策をとって安心・安全な環境を提供したいとしています。

これまでに入っているニュース

もっと見る