新型コロナ対策の給付金 知人女性名義でうその申請か 100万円をだまし取った疑い 男3人再逮捕

2020年9月17日 00:06
 新型コロナウイルス対策で国が支給する持続化給付金100万円をだまし取ったとして逮捕された男3人が、知人女性を申請者とし給付金をだまし取ったとして再逮捕されました。

 警察によりますと、詐欺の疑いで再逮捕されたのは、名古屋市の守屋涼斗容疑者(26)ら3人です。

 3人は6月、愛知県内の20代の女性名義で国にうその申請をし、新型コロナウイルス対策として国から支給される持続化給付金100万円をだまし取った疑いがもたれています。

 守屋容疑者は、調べに対し、「詐欺だと思っていません」と容疑を否認し、他の2人は容疑を認めています。

 警察は、20代の女性についても任意で捜査しています。

 また、警察は、3人は他にもおよそ400人の不正な申請にかかわっていて、不正受給額は最大4億円に上る可能性もあるとみて実態解明を進めています。

これまでに入っているニュース

もっと見る