名古屋の“北海道物産展” 別のデパートで同時開催「今だけ」「ここだけ」の味も

2020年9月16日 18:10
 16日から名古屋の2つのデパートで北海道物産展が始まりました。

魅力たっぷりな北海道グルメが続々

 それぞれの会場には北海道のグルメが盛りだくさんです。
 

名古屋三越栄店

訪れた人は「元気が出る」「ワクワクする」!
 2020年初めての北海道展の開催となる名古屋三越栄店。

 会場には56のお店が集まっています。

 お客さんも楽しみにしていた様子です。

「北海道展があると、絶対行こう!と元気が出るんですよ」
「楽しいでしょ、ワクワクする」
 

写真映えもバッチリ

 北海道といえば、やはり海の幸。

 1日40個限定のお弁当には、イクラにエビ、カニがたっぷりと入りさらには金箔が散りばめられて、写真映えもバッチリです。

「1番人気の物産展といえば、やはり北海道展。新型コロナが大きく影響しており、家でどう楽しんでもらえるか、というのが1つのテーマです」(名古屋三越栄店バイヤー 長﨑行信さん)

 新型コロナウイルスの影響を受けて外出控えが続く中、「おうち時間」をテーマに、家の中で北海道を存分に楽しめるよう、豪華なお弁当などが数多く取り揃えてあります。
 

「食べて“北海道に行きたいな”と思ってもらいたい」

試食は中止だけど…イートインはあり
 会場内での試食は中止されていますが、イートインコーナーでは混み合わないように配慮がされています。

 味わえるのは、今回の三越で初出店となる、札幌市の「らーめん四代目いちまる」。

「札幌の味噌ラーメンをぜひみなさんに食べてもらいたいと思い、気合いを入れて来ました。食べて“北海道に行きたいな”と思ってもらいたい」(らーめん四代目いちまる 西田賢幸さん)
 

カップにぎっしり

スイーツもお忘れなく
 北海道産ブルーベリーをふんだんに使ったパフェも。

 手作りジェラートやパウンドケーキがカップにぎっしりです。

 名古屋三越の「秋の大北海道展」は28日まで開催されます。
 
“第2弾”始まったデパートも賑わい続く
 16日、ジェイアール名古屋タカシマヤでは、9日から行われている「秋の大北海道展」の第2弾がはじまりました。

「新型コロナの影響で、どこにも行けていなかったので久しぶりに楽しんでいます」
「北海道にもなかなか行けないなか、欲しいものが買えて良いと思います」

 数ある物産展の中でも特に人気を誇る「秋の大北海道展」。

 タカシマヤでは例年より店舗数を減らしたうえ、入場制限をかけて新型コロナ対策をしながらの開催となっています。
 

新登場のお店多数

第1弾との違いは
「前半から20以上の店が入れ替わり、イートインにも新しいお店が入りました。一度来た方にも違う店を楽しんでいただけます」(ジェイアール名古屋タカシマヤ 広報 犬飼奈津子さん)

 北海道の人気すし店「おたる巽鮨(たつみ)」が出す一品は「ウニ」や「蝦夷アワビ」「牡丹エビ」など、北海道が誇る海の幸9種類を豪快に乗せた海鮮丼。

 毎日100食限定商品です。
 

海の幸だけじゃないお肉も

 函館にある「豚丼ポルコ」からは、脂が特にのった豚を厳選して使い、甘辛いタレと塩ダレの2つの味付けを一度に楽しめるメニュー。
 

“お得商品”も登場

 さらに、午後4時からは2日ごとにお得な限定商品が販売されるんです。

 北海道のジャガイモを使ったコロッケの詰め合わせは、通常4個で1340円のところを、17日まで午後4時以降は4個セットで1080円に。

 タカシマヤの「秋の大北海道展」は、22日まで開かれます。

(9月16日 15:40~放送「アップ!」より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る