菅内閣 三重・田村憲久衆議院議員が入閣 新型コロナ対策の手腕問われる厚生労働大臣に

2020年9月16日 17:51
 16日午後の臨時国会で、第99代の内閣総理大臣に選出された菅総理。午後3時半過ぎ、菅総理の後を継ぐ加藤新官房長官から、新しい閣僚名簿が発表されました。

田村憲久 衆議院議員(16日・総理官邸)提供:テレビ朝日

 東海3県からは、三重選出の田村憲久衆議院議員が、2012年の第2次安倍内閣に続き、厚生労働大臣に決まりました。

 過去の厚生労働業務の経験を生かした新型コロナ対策への手腕が期待されます。

「医療現場・地域が混乱しないように、しっかりとした体制を作らなければならない。これはいくら政府が言ってもできない話なので、都道府県・市町村そして医療現場の方々としっかりと意思疎通をしながら進めていきたいと思っています」(田村憲久 衆院議員)
 
 地元・松阪市からは、早速歓迎の声が上がっています。 

「すごく喜ばしいことですね」

「厚生労働大臣も以前されていたので頑張って続けてもらいたい」

「全国的にこういう事態になっているので、アイデアがあれば国民のためにも出し尽くして頑張ってほしい」

(9月16日 15:40~放送「アップ!」より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る