メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!

2015年09月21日[月]

「次のステージへ」

夏の甲子園を沸かせた球児たちが、世界を相手に戦ったU-18W杯。
日本は惜しくもアメリカに敗れ準優勝となりましたが、その奮闘ぶりに多くの高校野球ファンが魅了されました。

そして東海地方の球児も、大舞台で躍動しました。

中京大中京の上野翔太郎投手は18イニング無失点で最優秀防御率を獲得、同じく中京大中京の伊藤寛士選手も勝負強いバッティングで日本の勝利に貢献。


そして、県立岐阜商業の高橋純平投手。
夏の大会ではケガのため思うように投げられず、聖地に立つことができませんでしたが、U-18W杯では、世界の強打者相手に150キロ近い速球投げ込み、復活を予感させました。



先日、その高橋投手に話を聞く機会がありました。

すでにプロ志望届を提出、プロでは「エースとして活躍したい」と、力強く目標を話した高橋投手。高校生活の思い出、U-18での経験・・・ケガの状態も良好だということで、明るい表情でインタビューに答えてくれました。

最後に、こんな質問をしてみました。



「10年後、自分はどうなっている?」



するとこんな答えが・・・



「メジャーに行ってみたいです」



W杯というトップレベルの大会を通して、世界へ挑戦したいという気持ちが芽生えたという高橋投手。夏に悔しさを味わい、そして世界大会で「まだまだ力不足」と実感したことから、今はケガをしない体づくりを中心にトレーニングに励んでいます。



「強いバッターと対戦すると、ワクワクするので」

さらなる高みを求め、着実に次のステージへと歩みを進めている、東海地方期待の18歳。

果たして12球団のどこが指名するのか?
本人も野球ファンもドキドキのドラフト会議は、来月22日です!

ディレクター:K