メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!

2015年05月27日[水]

スケーターのオフシーズン

国別世界対抗戦、日本の2大会連続銅メダルで幕を閉じた14-15シーズンのフィギュアスケート。
現在は、フィギュアの大会はなく選手たちにとっていわゆるオフの時期であるが、スケーターに休みはない。
多くの選手は来シーズンに向けた新プログラムを習得しており、シーズン中と同じ練習量をこなす。オフシーズンの今も文字通り“スケート漬け”の日々を送っている。曲選定に、振り付けに、衣装決めに…やることはいっぱい。
取材で邦和スポーツランドに訪れた際も、選手たちは新プログラムの練習に勤しんでいた。
中でも真剣な眼差しで練習していたのは、この春、中京大学に進学した本郷理華選手。
今シーズン、シニアデビューを果たした彼女は、GPシリーズロシア大会で優勝、その後も全日本選手権で2位、四大陸選手権で3位に入るなどヒロインへの階段を一気に駆け上がった。
来シーズン、SPはキダム、FPはリバーダンスのプログラムでシニア2シーズン目に挑む。来季の意気込みについて『今シーズンの勢いを忘れず、自分らしくやっていきたいと』と語った本郷選手。
SPの振り付けを担当するのは、なんと同じクラブに所属する鈴木明子さん。本郷選手の長い手足を生かしたという振り付けにも注目したい。

アシスタントディレクター:K