メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!

2014年09月18日[木]

「三重高旋風」

高校野球のシーズンが終わってから、およそ3週間。振り返ると今年は愛知・岐阜・三重の県大会から甲子園まで、
数多くの試合を取材させていただきました。
それぞれの代表校が甲子園で熱い戦いを見せてくれたおかげで、あの夏の余韻が今も残っております。

「バンビ2世」と呼ばれ注目を集めた、東邦高校の藤嶋健人投手の熱投。
8点差を引っくり返した、大垣日大高校の史上最大の逆転劇。

そして何と言っても、甲子園で大旋風を巻き起こした三重高校。
初戦の劇的な延長サヨナラ勝ちから決勝戦の激闘まで
全員野球で戦った三重高のプレーにとてつもなく魅了されました。
甲子園での三重高の試合には4度取材で足を運びましたが、選手達のプレーもさることながら応援も素晴らしかった。
吹奏楽部の演奏に合わせてアルプス席の応援団が赤いタオルを振り回しスタンドを真っ赤に染める光景は、現場で見ると本当に迫力モノ!
決勝戦ではこの応援スタイルが一般のお客さんにも波及し、アルプス席を含めた内外野スタンドが一斉にタオルを振り回すという、
今まで見たことのない壮観な光景に変貌!
対戦相手である大阪桐蔭の西谷監督も「スタンドがアウェー状態だった」と舌を巻くほどの大応援でした。
その大応援を受けていた三重高の長野主将は「守っていても凄く気持ち良かったですし、打席では凄く背中を押してもらった。
100%の力を出したい中で、120%の力を出せる最高の応援だった」と語っていました。
チームは準優勝に終わりましたが、あの応援は日本一だったのでは?そう感じております。

甲子園で“日本一長い夏”を経験した三重高ナインは、最後に長崎で開催される国体に臨みます。
最後まで三重高らしい全員野球を貫いて、国体でも三重旋風を巻き起こしてくれることを期待しております!

ディレクターM