メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!

2014年07月23日[水]

「進化を続ける35歳」

ブラジルワールドカップ。日本が4年に一度のサッカーの祭典に盛り上がりを見せる中、もう一つの戦いが繰り広げられていた。それは、AFCフットサル選手権。

アジア最強国を決めるこの戦い。日本は決勝でアジア最強チーム、イランと対戦。
日本はイラン相手に一歩も譲らず、延長戦が終了。PK戦へともつれ込む激闘となった。このPK戦で日本のキーパー・関口がスーパーセーブを連発。見事、イランを下し、日本フットサル史上初となるAFC連覇を飾った。

そんなAFCの舞台に初めて挑戦した選手が、森岡薫(35)だった。森岡は2012年8月に日本国籍を取得し、同年に行われたフットサルワールドカップに出場。チーム最多の4得点を挙げ、日本を史上初のベスト16へと導いたエースストライカーだ。

AFC初挑戦となった森岡だったが、大会直前に行われた日本代表のスペイン遠征で右ひざを痛め、万全な状態で臨むことが出来なかった。帰国後に取材すると、やはり試合中から痛みが出て、右ひざをかばいながらプレーしていたという。

初めてのアジアの舞台で、思うようなプレーが出来なかった森岡。大会を終え、彼の口から出てきた言葉は…
「すごく苦しかった―」

それも当然だ。本来エースとしての活躍を期待されていたにも関わらず、決勝の舞台では後半途中から出場機会はなかった。チームメイトが戦っている姿をベンチから見守ることしか出来なかった。失意の底にいるのだろうと、僕自身も思っていた。しかし、次に出てきた言葉は…
「僕は恵まれている。次から次へとチャレンジする理由が出てくるから」
悔しさを力に変え、次なる目標の活力にする。言葉では簡単に言えるが、並大抵の事ではない。さらに、ケガをして「恵まれている」という言葉はなかなか発することができるものじゃない、と思う。

「2年後のワールドカップに悔しさをぶつけたい」
進化を続ける35歳、森岡薫。2年後のワールドカップは37歳で迎えることになる。
この男、底が知れない。そして同時に、大きな期待を抱かずにはいられなかった。

ディレクター:M