メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!

2014年02月20日[木]

「毎年恒例の沖縄へ・・・今年は?」

毎年恒例となっているドラゴンズのキャンプ取材。
今回も司会を務める伊集院と共に、キャンプ地である沖縄・北谷球場へ向った。
沖縄で接する選手たちはシーズン中とは違い、とても身近に感じることができる。
球場まわりにいれば、その傍を普通に選手たちが通り過ぎ、
普段決して入ることができないブルペンもここでは真近で見れ
ピッチャーの息使いまで聞こえてくる。
谷繁選手兼任監督でV奪還を目指す新生ドラゴンズ、
その中で伊集院がどうしても会いたい選手がいた。
巨人から移籍してきた小笠原道大選手だ。2011年に2000本安打を達成するも、
ここ数年はケガなどもあり結果を出せず。
41歳になる今年、新天地で再起をかける男に伊集院が直撃した。
実は、もともと日本ハムファンの伊集院は小笠原選手(日本ハム時代1997年~2006年)と以前から面識がある。
今回は日ハムが優勝した2006年以来8年ぶりの再会。昔話しに花が咲き、インタビューも終始盛り上がりを見せた。
印象的だった小笠原選手の言葉が「勝つためにやる。そのためには100%のパフォーマンス出せるように準備しなければいけない。」
野球に対し前向きで、熱い思いを感じた。
3月の開幕、果たしてどんなプレーを見せてくれるのか、今から楽しみである
今回の[Spoken!]は、今年にかける男たちをテーマに、伊集院がドラゴンズの選手に直撃します!

ディレクター:H