メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!

2014年01月21日[火]

「師走」

2014年がスタート、いよいよソチ五輪開幕が迫ってきました。注目はやはりフィギュアスケート。この地方からは浅田真央選手、鈴木明子選手、村上佳菜子選手の女子3選手、そして同じく愛知出身でペアの木原龍一選手。1年前までシングルの選手だった彼が、わずか1年で五輪のペア代表に選ばれました。結成1年での大舞台、プレッシャーはあると思いますが、大いに楽しんでもらいたいです。
ところで、「12月」を「師走」と呼びますよね。走り回るぐらい忙しい…、まさにその言葉通りの経験をしました。
フィギュアスケートのソチ五輪代表が決まったのが、去年12月にさいたまスーパーアリーナで行われた全日本選手権。チケットも即完売のプレミア大会に、なんと取材パスで入れることになったのです!!会場に行けるのは女子フリーの23日のみ。ですが、この日はソチ五輪代表が発表されるということで、さらにプレミア度アップ!!
実はこの日、フィギュアスケートだけではなく、レスリングの全日本選手権の取材もあったのです。世界大会14連覇の吉田沙保里選手の年内最終試合。フィギュアスケートとレスリング、世界トップレベルの選手の試合を1日に2種目も見られるという幸せな1日が待っている…。そう信じて、早朝の新幹線に乗り込みました。
まずは、フィギュアスケートの会場、さいたまスーパーアリーナへ。女子の公式練習を見学したところで、レスリング会場の東京代々木第二体育館へ移動。ここで、同じ名古屋の別のテレビ局Y先輩と遭遇。何とY先輩もレスリングの取材終わりで、フィギュアスケート全日本選手権に向かうのだと…。贅沢な1日は私だけではありませんでしたが、一緒に共有できるのも悪くないと、レスリング取材に取り掛かりました。
吉田選手の試合は、やはりメインイベント、最終種目。終了予定の18時を目処に出発すれば、19時過ぎにはフィギュアスケートの会場に到着し、女子最終グループだけでも生で見られるだろう、そう思いながら吉田選手の出番を待つことに。
スポーツは何が起きるかわかならい…。明らかに競技スケジュールが押してきている…。吉田選手の試合が終わり、会場を飛び出したのが18時半。やばい…、間に合わないかも…。Y先輩と血相を変えながら、猛ダッシュでJRの駅に向かい、電車に飛び乗りました。この段階で、すでに最終グループの後半3選手の演技に間に合うかどうか。「村上選手はギリギリか。でも最終滑走の浅田選手には絶対に間に合うだろう」。そんな会話をしながら、電車の中でもフィギュアの結果が気になり、Y先輩と2人、スマホで競技速報をチェック。かなり熱くなっていたのでしょう…。どこの駅を通過し、あと何駅だったのか、2人とも全く記憶がありませんでした。気づいた時にはすでに遅し…。目的のさいたま新都心駅を乗り過ごしてしまっていたのです。
会場に到着し、目にしたのは、演技を終えた浅田選手がキスクラをあとにする姿が映ったビジョンの映像でした。恥ずかしながら、選手誰1人の演技を生で見ることができなかったのです…。脱力感で呆然としてたところ、会場のビジョンに、優勝した鈴木選手の演技映像が流れ始めたのです。私は食いいるように見ていました。なんせ初見ですから…。すると、驚きの光景を目の当たりにしたのです。ビジョンの中の鈴木選手がジャンプを跳ぶごとに会場から大きな拍手が…。もちろん、生の演技ではありません、すでに滑り終えた鈴木選手の演技映像です。にも関わらず、観客の皆さんが温かい拍手を送っていたのです。鈴木選手の迫真の演技、そして心温まる光景に、思わず涙腺が緩んでしまいました…。
今回の熾烈な五輪代表争いを生で見ることができなかったのは残念極まりないですが、五輪代表発表の瞬間に立会い、そして鈴木選手の迫真の演技を擬似観戦できたことは非常に貴重な経験。35歳、忘れられない「師走」となりました。

ディレクター:K