メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!
2014年1月

2014年01月21日[火]

「師走」

2014年がスタート、いよいよソチ五輪開幕が迫ってきました。注目はやはりフィギュアスケート。この地方からは浅田真央選手、鈴木明子選手、村上佳菜子選手の女子3選手、そして同じく愛知出身でペアの木原龍一選手。1年前までシングルの選手だった彼が、わずか1年で五輪のペア代表に選ばれました。結成1年での大舞台、プレッシャーはあると思いますが、大いに楽しんでもらいたいです。
ところで、「12月」を「師走」と呼びますよね。走り回るぐらい忙しい…、まさにその言葉通りの経験をしました。
フィギュアスケートのソチ五輪代表が決まったのが、去年12月にさいたまスーパーアリーナで行われた全日本選手権。チケットも即完売のプレミア大会に、なんと取材パスで入れることになったのです!!会場に行けるのは女子フリーの23日のみ。ですが、この日はソチ五輪代表が発表されるということで、さらにプレミア度アップ!!
実はこの日、フィギュアスケートだけではなく、レスリングの全日本選手権の取材もあったのです。世界大会14連覇の吉田沙保里選手の年内最終試合。フィギュアスケートとレスリング、世界トップレベルの選手の試合を1日に2種目も見られるという幸せな1日が待っている…。そう信じて、早朝の新幹線に乗り込みました。
まずは、フィギュアスケートの会場、さいたまスーパーアリーナへ。女子の公式練習を見学したところで、レスリング会場の東京代々木第二体育館へ移動。ここで、同じ名古屋の別のテレビ局Y先輩と遭遇。何とY先輩もレスリングの取材終わりで、フィギュアスケート全日本選手権に向かうのだと…。贅沢な1日は私だけではありませんでしたが、一緒に共有できるのも悪くないと、レスリング取材に取り掛かりました。
吉田選手の試合は、やはりメインイベント、最終種目。終了予定の18時を目処に出発すれば、19時過ぎにはフィギュアスケートの会場に到着し、女子最終グループだけでも生で見られるだろう、そう思いながら吉田選手の出番を待つことに。
スポーツは何が起きるかわかならい…。明らかに競技スケジュールが押してきている…。吉田選手の試合が終わり、会場を飛び出したのが18時半。やばい…、間に合わないかも…。Y先輩と血相を変えながら、猛ダッシュでJRの駅に向かい、電車に飛び乗りました。この段階で、すでに最終グループの後半3選手の演技に間に合うかどうか。「村上選手はギリギリか。でも最終滑走の浅田選手には絶対に間に合うだろう」。そんな会話をしながら、電車の中でもフィギュアの結果が気になり、Y先輩と2人、スマホで競技速報をチェック。かなり熱くなっていたのでしょう…。どこの駅を通過し、あと何駅だったのか、2人とも全く記憶がありませんでした。気づいた時にはすでに遅し…。目的のさいたま新都心駅を乗り過ごしてしまっていたのです。
会場に到着し、目にしたのは、演技を終えた浅田選手がキスクラをあとにする姿が映ったビジョンの映像でした。恥ずかしながら、選手誰1人の演技を生で見ることができなかったのです…。脱力感で呆然としてたところ、会場のビジョンに、優勝した鈴木選手の演技映像が流れ始めたのです。私は食いいるように見ていました。なんせ初見ですから…。すると、驚きの光景を目の当たりにしたのです。ビジョンの中の鈴木選手がジャンプを跳ぶごとに会場から大きな拍手が…。もちろん、生の演技ではありません、すでに滑り終えた鈴木選手の演技映像です。にも関わらず、観客の皆さんが温かい拍手を送っていたのです。鈴木選手の迫真の演技、そして心温まる光景に、思わず涙腺が緩んでしまいました…。
今回の熾烈な五輪代表争いを生で見ることができなかったのは残念極まりないですが、五輪代表発表の瞬間に立会い、そして鈴木選手の迫真の演技を擬似観戦できたことは非常に貴重な経験。35歳、忘れられない「師走」となりました。

ディレクター:K

2014年01月07日[火]

「新年の抱負」

年が変わる2日前の12月30日。
毎年OAしているドラゴンズ新春特番のVTRの納品を済ませ、地元・仙台に帰省した筆者。

去年6月、Kスタ宮城(2014年からの名称は楽天koboスタジアム宮城)で行われた
交流戦の時に実家に寄って以来、半年ぶりに会った母親の第一声が…
「太ったね」


はい、出ました。

そうなんです。近頃、社内を歩いている際、久しぶりに会った友人達に
「太ったんじゃね?」「豚になった」とか散々聞かされていた所だったので、「やっぱり?」としか返せない始末…。

名古屋の家には体重計が無いので、風呂上りに何年かぶりに体重を測ってみたところ、我が体重は如実にその結果を表してくれました。
(※実際は毎年の健康診断の際に測っているはずなんですが…あまり記憶に残ってません)

63キロ!!(ちなみに肥満の指標となる身長にはここでは触れません。)

運動不足から日々の不摂生など、原因はすぐ思いつくのですが…
23歳で就職した頃には53キロ程だったはずなので、10年経って約10キロも
増量に成功した事になります。

それ以来、テレビを見ている時に、つい気になるのが画面に映っている人物のお腹周り。
年末年始の番組では、各局、現役のアスリートから引退したスポーツ選手などが
多数出演しており、その人物の日々の生活風景をついつい想像してしまいます。

「ボクシングの選手は…」「元プロ野球選手のこの人は…」「駅伝のランナーは…」etc。



そして帰省中、中学校時代の友人に、これまた10年ぶりくらいに再会した際、
この友人が、なんと「痩せている」!!

聞いてみたところ、中学時代痩せていたその友人は、大学時代、急激に太り始め、
70キロ台になったそうなのですが、現在の体重は57キロという事で
筆者とまるっきり逆のパターン…。

年齢と共に太りやすくなるもの…と勝手に解釈?達観?していた自分にとって、
大きな反省材料となりました。

1年の計は元旦にあり。
来年、年男になる筆者にとって、今後の人生設計において、いろいろ目標を立てるべき事は多いのですが、その一つに「最低5キロの減量」という、小さな目標も加えてみたいと思います。

ディレクター:O