メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!
2012年5月

2012年05月22日[火]

「会話」

4月15日、21日とプロ野球中継でドラゴンズ前監督の落合博満さんに
解説をしていただいた。
チームを8年間でリーグ優勝4回、日本一1回に導いた
「オレ流」と呼ばれる名将の考えに触れ、
そのシンプルさに改めて驚いた。例えば・・・

「ファーストストライクが一番甘い確率が高いから
バッターが全部初球を打って27球で試合が終わってもいい。」
「バッターのタイミングが合っていないのだから
同じボールを続ければいい。あえて見せ球を投げる必要はない。」など

誰もがそう思っていても出来ないことを「やればいい」と
言えてしまう決断力。
最高の結果を出せる理由が少し分かった気がした。

実は落合さんが監督をやられている時、
取材という形でインタビューをお願いしたことはあっても
個人的にお話をすることはなかった。
そのため、一般的に言われている落合さんのイメージのみが
頭の中にあった。
しかし、今回仕事を一緒にさせていただいて「会話」の
重要性に改めて気付かされた。
やはり物事はひとつの方向からだけ眺めてはいけない。
人と人は「会話」をすることで理解するのだと。

少なくとも落合さんがおしゃべり好きだという事が
ハッキリと分かったのだから・・・。

これからは「分かっているはず」ではなく、
改めて「会話」をしていこうと思っている。

ディレクター:T

2012年05月21日[月]

「自分の力を信じる力」

7月27日に開幕するロンドンオリンピック。
4年に一度の大舞台に挑む、フェンシング女子サーブルの中山セイラ選手。

去年、全日本選手権で2連覇を果たし、
10月に行われた世界選手権ではベスト16入り。

最新の世界ランキングで32位。上位12選手を除いた後に2枠が与えられるアジア・オセアニア枠に入り、ロンドンへのキップを手にした。

先日インタビューさせてもらう機会があった。

そこで一番印象に残ったが、
「自分の力というのを信じ切れていないんですよ。
その力を、自分の力を信じる力というのがすごい必要なんですよね」という言葉。

アジアトップクラスの実力を持ち、
世界ランキングでも32位に位置していながらも、自分の力を信じ切れないという。

メンタルの部分をこれまでずっと課題にしてきている中山選手。
今は自分に自信が持てるように、練習を積み重ね、自らを徹底的に追い込む日々。
しかし自信を持とうにも、中山選手にとってはとても難しいとのこと。自信が持てるように毎日戦っているという。

ロンドンオリンピックまで、残された時間はあと2ヵ月。
自分の力を信じる力を持てた時、夢舞台でのメダルはそう遠くないだろう。

ディレクター:S

2012年05月07日[月]

「験担ぎ」

『験担ぎ』にも人それぞれ、色々な種類がある

◆陸上・金丸選手の『金丸ダンス』
スタート直前に両手を広げてピョンピョン跳ねる動作
◆フィギュア・小塚選手の『くるくるポン』
演技直前に佐藤コーチに背中をさすってもらう
◆フィギュア・村上選手の『おまじない』
演技直前に、胸に手を当て、おまじないを呟く

他にも試合前は、必ず焼肉を食べるとか、必ず決まったアクセサリーを身に付けるとか
お風呂に入るとか・・・。
あ!バッターボックスに入る前に腕立て伏せ5回やる選手もいた!笑

例え縁起物だとは言っても、選手を落ち着かせたり、奮い立たせてくれる大切なもなのだ。

そこで、私が最近取材している、トヨタ自動車陸上部(長距離)の宮脇千博選手に
『験かつぎ』があるか聞いてみた。
ワクワクしながら返答を待っていると・・・

『赤い靴下です!』

予想以上に可愛らしい返答で、少し笑ってしまったのだが、試合のときは必ず履くそう。
これは高校時代からずっと続けている事らしく、試合前になると無意識のうちに赤を選ぶんだとか。

宮脇選手は、今急成長中で、ロンドン五輪出場が期待される選手。
彼の『赤い靴下』がロンドン五輪の舞台で見れるように願うばかり!

色々な選手の『験担ぎ』を見つけると、競技をより楽しめること間違いなし!

ディレクター:U