メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!
2012年2月

2012年02月20日[月]

「プロ3年目の飛躍」

「このキャンプでやっぱり2000球は投げたいですね。

ただ投げ込むだけじゃなくて、技術的にも全て向上したいんです」

キャンプイン直前の沖縄合同自主トレ中にそう話してくれたのは

プロ3年目の小川龍也投手。

今シーズン、飛躍を遂げようとしているピッチャーの一人である。

一ヶ月で2000球…キャンプ休日を除けば25日間。

計算上では一日平均で80球を投げ込むことになる。

本人にとっては相当ハードな目標だ。だが去年も実は沖縄キャンプで

チーム一の投げ込み王だった小川。

「去年初めて自分自身に高い目標を立ててみて、それがクリアできたんです。

今年も何とか同じように投げようと思っています。身体が細いので、

投げ込んで肩のスタミナをつけて、苦しい時でも調子が良い時と変わらず

同じようなピッチングが出来るようになれればと思っています」

なるほど。2000球を投げ込む理由には明確な意図があった。

今年は投手陣の中でも、特に左ピッチャーには大きなチャンスがある。

大リーグへと移籍したチェンが退団し、先発候補の小川にとっては

自分をアピールする絶好の機会が巡ってきた。

復活を目指す山本昌や小笠原。2年目の大野、そして同級生の岡田。

さらにはベテランの久本もいる。早々たるメンバーが名を連ねるが、

今シーズンから指揮をとる高木監督はキャンプ初日にこう言った。

「横一線。チャンスは全員にある」

1試合ながら去年は一軍初登板を果たしたプロ3年目。

沖縄で自らが課した高い目標が達成できた時、

結果はおのずとついているだろう。

ディレクター:Y

2012年02月06日[月]

「目標」

最近、取材をする時に良く使う言葉がある。それは・・・

「目標」

キャンプの目標は?今シーズンの目標は?など。
結果を数字などで具体的にあらわすことで、
成果があったかどうかが分かりやすくなる便利な言葉。

先日、今年プロ17年目を迎える中日ドラゴンズの荒木雅博選手が
故郷の中学校で中学生を前に次のように話していた。

「身近な目標を設定し、それをひとつひとつクリアして
積み重ねていく。その結果が目指すべき目標につながる」と。

まず、1日20スイングを1カ月続けるというような
実現可能なものを目標にする。
そしてその目標のクリアに全力を尽くす。
できたら次の段階へ。今度はスイング数を30にして、また1カ月。
このような小さな段階を踏む事こそ、
大きな目標を達成する一番の近道だというのだ。
荒木選手は小学生の頃からこうして目標をクリアし、
プロ野球選手になったそうだ。

今年、荒木選手はあえてシーズンの具体的な目標は設定しないそうだ。
まずはキャンプ。次に開幕。小さな目標のクリアに全力を尽くすという。
シーズンが終わった時、どんな「目標」がクリアされているのか。
今から、楽しみに待とうと思う。

ディレクター:T