メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!

2010年09月27日[月]

「ペナントレース最終章」

初めてこのスタッフ一言を担当するにあたり、
いつの時点で書こう…と迷っていたら、提出日の前日になってしまいました。
なぜなら現在、セ・リーグ優勝争いは大混戦!

残念ながら、現時点(9月26日)でのドラゴンズ優勝は決まりませんでしたが、
おそらく近日中に、名古屋市内が歓喜に沸く…はずです。

思い返すと、今年のドラゴンズ。
7月にスポーツ部に編入してきた自分にとっては、とにかく強かった。
何より、ホームのナゴヤドームで強い!
自分が取材に出た日で数えてみると12勝3敗。数字にすると勝率8割。
5試合やって1試合しか負けてません!(勝手な自己データですが)

※ちなみに年間だと53勝17敗1分(浜松・豊橋球場含む)。
まさに圧倒的強さ!!

ホームの大勢のファンの前で強さを見せてこそのプロ。

さらに今年は山本昌投手・浅尾投手・岩瀬投手がプロ野球記録を更新し…
他にも50イニング連続無失点、ナゴヤドーム12連勝、
球団最多の12試合サヨナラ勝ちなど、記録も目白押し。
優勝するのに相応しいシーズンとなったのではないでしょうか。

さて、優勝の話とは少し変わりますが、ドラゴンズ取材に出るようになって
個人的に大好きになったのが、お立ち台での「やりました~!」でお馴染み、
「O・D・A」こと小田幸平捕手。
若干、強面(?)な顔の小田捕手ですが、サヨナラ勝ちの試合では、
殊勲打を打った選手に真っ先に駆け寄り、ペットボトルの水を振り撒きます。
その時のクシャクシャの笑顔が、なぜかカッコよく見えるのです。

クライマックス、そして、その先の日本シリーズ…、
小田さん、持ち前の明るさでチームに勢いをつけてくださいね!

ディレクター:O