メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!
2010年8月

2010年08月30日[月]

「必死」

熱戦が続いた高校野球も終わり、
いよいよプロ野球が佳境に入ってきた。
今シーズンはセ・パ両リーグともここまで白熱の優勝争いが
繰り広げられ目が離せなくなっている。
もちろんドラゴンズも連日、厳しい戦いを続けている。

そんな中でプロ15年目を迎えたベテランがもがいている。
リードオフマン荒木雅博選手。

セカンドからショートにコンバートされた今シーズン、
失策数は既に18。(8月26日現在)
去年まで6年連続でゴールデングラブ賞を獲得してきた
「守備の名手」としては考えられない数字である。

「焦りがでるんだよね。ショートは捕ってすぐに投げないと
アウトにならないから・・・」

セカンドより遠い分、ショートは平凡なゴロでも
素早くファーストに投げないとセーフになってしまう。
頭では分かっていてもそのギャップに苦しんでいる。
もちろん手をこまねいているわけではない。
練習中から素早い送球を意識するなど、
対策にも取り組んでいる。それでも・・・

「最低でも1年、それ以上かかるかな。慣れるまでに。
監督からも言われているし・・・。
やっぱり試合で経験しないと上手くならないから」

時間がかかるのは承知の上。だからこそ・・・

「今年は何も考えずに必死にやるだけ」

覚悟を決めて新しいポジションに挑戦している。

これまでも常に全力プレーを見せてきた荒木選手が
覚悟を決めて「必死に」プレーした先には・・・。

1年後か2年後か。
それでもセカンドで守備の名手と呼ばれた男が
新しいポジションを極めた時、
どんなプレーを見せてくれるのか。

今から楽しみで仕方がない。

ディレクター:T

2010年08月25日[水]

「運命の日」

今年の春センバツを制した興南が史上6校目の春夏連覇。そして、深紅の大優勝旗が初めて沖縄の地に渡った。興南の春夏連覇は、第80回大会の松坂大輔を擁した横浜以来12年ぶりの快挙だ。

夏連覇を目指した中京大中京は2回戦で敗れ、偉業達成は成らなかった。初出場を果たした三重のいなべ総合は善戦するも惜しくも初戦敗退。甲子園初勝利は来年以降に持ち越しとなった。岐阜の土岐商は3度目の出場で待望の初勝利。甲子園で校歌を熱唱した。

今年の夏も様々なドラマがあり、多くの人にたくさんの勇気と感動を与えてくれた高校野球。そして今後、一部の球児たちはさらなる高みを目指し、プロという新たな舞台を志す。そんな球児たちの期待と不安が交錯する1日が、今年は10月28日に行われる。

1965年に始まったプロ野球ドラフト会議も今年で46回目。去年は花巻東の菊池雄星に最大の注目が集まり、6球団による競合の末、埼玉西武ライオンズが交渉権を獲得した。東海地方からは中京大中京の堂林翔太が広島にドラフト2位、近大高専の鬼屋敷正人が巨人に2位で指名を受けるなどして、プロへの道に進んだ。

今年の東海地方では、中京大中京の磯村嘉孝選手、菰野の関啓扶投手、県岐商の井貝星良選手、中京の加藤智弘投手などに期待がかかる。


果たして、今年はどんなドラマが生まれるのか…。運命の日まで、残すはあと2ヶ月。

アシスタントディレクター:S

2010年08月16日[月]

「ラジオ体操とスタンプ」

早朝6時30分
夏休みの子供と一緒に近所の空き地へラジオ体操に行くのが最近の日課です
単純な動作だとなめていたラジオ体操なのですが
久しぶりに本気でやるとかなり汗をかきダイエットにも効果的
おかげさまでここ数日の間に2,3cmお腹が引っ込んだ気がします

ラジオ体操終了後
子供たちは参加カードへスタンプを押してもらう・・・なんとも懐かしい光景
♪タン タララ~ン ラン ・・・
最後の深呼吸の部分が終わる直前
フライング気味にスタンプを押してもらう場所へ猛ダッシュする子供たち
これも私の少年時代と同じ光景でした
ご褒美にジュースや風船、竹とんぼなどの懐かしいおもちゃをもらいニコニコの子供たち
当然父母には何もご褒美はないのですが
童心に帰り気味の私としては「スタンプぐらいほしいなぁ・・・」

そんな折、取材先のFC岐阜練習グラウンドで良いものを見つけました

夏休みに練習見学にきたサポーター(大人も可)は専用カードにスタンプをしてもらえる!
スタンプが5コたまると「FC岐阜特製ECOバック」
10コになると「選手とピッチで写真が撮れる応募券(抽選で2名)」をGETできちゃう
さらに練習を見学したサポーターがその感想を絵日記にしたりするコーナーもありました

FC岐阜の練習だいたいの日は朝9時から開始!
岐阜市内の北西部グラウンド、各務原浄化センターもしくは各務原勤労青少年運動場
養老市内のスマイルグラウンドなどでやっています

ラジオ体操もFC岐阜練習見学も
親子で早起きして行けばスタンプとご褒美がもらえてとっても楽しいですよ

ディレクター K

2010年08月09日[月]

「不満・・・」

高校野球も地方大会が終わり、現在は甲子園で熱戦が続いている。
スタッフの一言を書いている時点で、甲子園2連覇を狙う中京大中京が
初戦を何とかものにした。
東海3県代表校の活躍を願いつつ、小生は今年の夏、少し不満がたまっている。
なぜか・・・?

それは地方大会の取材に2回しか行けなかったからだ。
例年ならば、開幕すれば毎日取材に行き、社内の人間からは日焼けのため
「黒すぎる」と言われる日々だったのに・・・。
試合の取材に行けない不満がたまっているところに、追い討ちをかけてくれた
一言もあった。
その一言とは、「もう年なんだから取材に行かず、ケーブルテレビを見ながら日焼けしてください」。
別に日焼けが目的ではないのだが・・・。

なぜ小生が人よりも黒くなるのか?
それは人よりも日焼けのしやすい体質ではあるが、
実は炎天下の中で試合をしている高校球児の気持ちになって取材をするため、
記者席ではなく暑い日ざしが照りつけるスタンドで見ているためだ。

確かに数年前のこのスタッフの一言のブログであまりにも黒いため
「どす紫王子」と命名されるほどだが、この小生の熱意はかってほしかった。
このままだと来年はさらに取材できる試合数が減りそうだ。
今まで、現場中心に動いてきた小生としては、デスクという立場と
毎年増えていく年齢が恨めしいかぎりだ。

デスク:T

2010年08月06日[金]

「猛暑!」

今年は恐ろしい程の猛暑!スポーツ部の人たちは真っ黒です! 決してリゾート焼けではありません。恒例の高校野球焼けです。笑 私事ですが、今年も母校であり、ずっと取材してきた中京大中京が優勝し、 愛知の代表校になりました! これで、4季連続の甲子園!私もだいぶ甲子園の常連さんです。

ただ、ひとつ淋しいのは、中京大中京の大藤監督が今季で退任される事。 野球に対する意識・礼儀など色々な面で、とっても厳しい人。 それでも、卒業生やOB、ファンから愛される人。 長い間取材をしてきて改めて思うのは、本当に温かい人だという事。

それを最後にみなさんにお伝えすべく、今、監督に密着している真っ最中です! この企画の放送は8月28日(土)予定しています。 普段見られない監督の素顔や本音を、皆さんにお伝えできるよう頑張ります♪

甲子園もまもなく開幕! 3年生にとっても、監督にとっても最後の夏。 試合はどうなるか誰にも分りませんが、暑い熱い夏になることでしょう!

ディレクター:U