メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!
2010年1月

2010年01月26日[火]

大舞台を前に…

いつの間にか1月も終わりに近づき、つい最近までお正月気分だったのが嘘のよう。
スポーツ部では2月のイベントが山ほどある。
ドラゴンズの沖縄キャンプ、グランパスの鹿児島キャンプ、FC岐阜の宮崎キャンプ、フィギュアスケート愛知県選手権、プレシーズンマッチなどなど。
2月のスポーツ部は部内がスッカラカンになる程大忙しなのだ。

でも、今年は忘れちゃいけないイベントがもう一つある。それは、『バンクーバーオリンピック』
東海3県からも沢山の選手が日本の代表としてオリンピックに出場する。フィギュアに至っては、殆どが愛知県出身の選手である。

先日、その中の一人である鈴木明子選手の取材に行った。
リンクではいかにもキツそうな練習が行われ、何度も何度も丁寧に調整をしているようだった。
練習時間が終わり、会見が始まった。

質問はお決まりの…「オリンピックでの目標は?」
だいたいの選手は、「メダルを獲ってきます」「悔いのないように頑張ります」という答えが殆ど。
私ももし、その場に立つことがあったなら同じような事を言うと思う。

しかし、鈴木選手は違った。
「観ている人が1人でも幸せになれるようなスケートをしたい。沢山の人にエネルギーを与えられたら…」これは、余裕というのか?ゆとり?どの言葉が適切なのか分からないが、初めてのオリンピックという超大舞台を前に、このような事が言えるなんて本当に凄いと思った。
私なら、オリンピックという空気に呑まれて、必要以上に意気込んでしまうだろう。
やはり、今までの努力とグランプリシリーズでの経験など沢山の事が彼女をここまで大きくしたのだと思う。彼女はきっと素晴らしい演技を見せてくれると信じている。

『世界中の人が幸せになれるようなスケートを…』
バンクーバーの会場が沸く瞬間が楽しみだ。

ディレクター:U

2010年01月21日[木]

新たな門出

 年末・年始のオフシーズン。サッカー・名古屋グランパスの大型補強が話題となっている。ただ、来る人がいるということは、去る人がいることを意味する。去る中には、一時的なレンタル移籍の選手も含まれる。

 2010シーズン、J2チームへのレンタル移籍が決まった、ある若手選手が気になっていた。2009年開幕前のキャンプではルーキーながら主力組、プレシーズンマッチはスタメン。その動向に注目が集まったが、開幕ベンチに彼の姿はなく、その後ケガなどもありトップチームからは完全に外れた。

 一時期、傍目からは失礼ながら、「クサっている」ように見えた。J2移籍が、それに追い討ちをかけないといいと、勝手ながらレンタル移籍を悲哀の気持ちで見ていた。
 が、彼はからっとしていた。「むしろ、ありがたい」。彼はゲームに、そして何よりもサッカーに飢えていると言った。J1のグランパス、トップチームで自分なりのポジションを確立するのは容易なことではない、そこにさらなる補強。グランパスでは練習後の居残り練習が容認されてはいない。当然、試合に出る機会の少ない若手は、練習試合やサテライトがあるとはいえ、ゲーム、そしてサッカーをする機会が少なくなる。彼には、それがもどかしかったらしい。「まだまだ、未熟なところが多いなかで、練習時間、サッカーをする時間を人より多くしないと、トップ選手との間は縮まらない」。だからこそ、J2で少しでもサッカーをする時間が増えるなら、それが何よりも嬉しいのだと、言う。

「僕は、J1のチームでとか、代表選手になるとかそういうこと以前に、とにかく、サッカーを楽しみたいんです。サッカーをしたいんで」。
  純粋な気持が、とにかくまぶしく、羨ましいと思った。
  晴れ晴れしい門出だった。

ディレクター:A

2010年01月13日[水]

新春ドラゴンズ祭

新年明けましておめでとうございます。
2010年もスポケン!をよろしくお願いいたします。

皆さん、先週放送の「新春ドラゴンズ祭」を見て頂けたでしょうか?
ドラゴンズ・井上一樹さん、岩瀬仁紀投手、英智選手、朝倉健太投手の豪華メンバーが集まり、賞品をかけて、クイズに挑戦しました!さらには、特別ゲスト・メジャーリーガー川上憲伸投手も参戦。新年最初にふさわしい華やかな放送となりました。

僕は、この収録にADとして参加したのですが、1番すごいと思ったのは、川上投手。ジェスチャークイズの中で、ドラゴンズ・和田選手と岩瀬投手のフォームをものまねしたのですが、これがもの凄く似ています。回答者である井上さん・岩瀬選手も、ものまねの上手さに思わず大爆笑していました。
さらに、川上投手は、和田選手が2009年にフォームを変えたこともご存知でした。フォームを変更する前とした後の、ものまねも忠実に再現。スタジオにいた人達を驚かせました。本人いわく「You Tube」でチェックしていたそうですが(笑)
一流プレーヤーの観察力に脱帽です。
(放送をご覧になっていない方は、研究コーナーに画像があるので、チェックしてみてください)

1月16日放送のスポケン!は、「新春ドラゴンズ祭」後半戦です。
チアドラの偽者を当てるクイズでは、井上一樹さんがチアドラ相手に大暴走!!
豪華賞品をかけた、ストラックアウトでは、まさかの結末が…
ドラゴンズファンにはたまらない内容となっているので、ぜひご覧下さい。

ディレクター:N

2010年01月07日[木]

10年ぶりの国立

サッカー日本一を決める天皇杯決勝にグランパスが10年ぶりに勝ち上がり、
元日の朝、取材で国立競技場へ向った。
前夜から降り続いた雪の影響で新幹線が遅れたが関東地方は好天に恵まれ
ポカポカ陽気、道中富士山が絶景であとは東京駅につくまで記憶がない。
東京駅ではグランパスのユニホームを着たサポーターと青のユニホームを着た
ガンバサポーターが目に付いた。決戦3時間前。
タクシーに乗り、青山通りから代々木へ・・・
木々の隙間から国立競技場が見えてきた。10年ぶりの国立。
サッカーの聖地と言われる国立はこれまで数々の名勝負を生み、歴史を重ね
一種独特の雰囲気をかもし出している。気分も高揚する。
すでにチケットは前売りで完売、試合開始1時間前には4万3千人の観客で満員となった。
サポーターのコール合戦もヒートアップ、久しぶりに地鳴りのような応援を
生のサラウンドで聞いた。
試合は残念ながらガンバ大阪に完敗、願いは叶わなかった。
賜杯を高々と掲げるガンバイレブンは本当に嬉しそうだった。
国立の感想は「正月はコタツでゆっくりしたいけど、すごく良かった」
チケットが完売になる理由がわかった。

ディレクター:Y