メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!
2009年10月

2009年10月21日[水]

健気な女子たちの戦い

――10月25日(日)杜の都 全日本大学女子駅伝
この大会に向け、日々戦っている女子達がいる。名城大学女子駅伝部。
ここ4年間優勝は無いものの、常に上位3位には位置する、東海地区を代表する女子駅伝の名門校だ。

彼女達は365日、ほぼ毎日寮で共同生活。朝6時からの朝練から始まり、日中は授業。夕方からは練習という超ハードな毎日を送っている。それも、全日本大学駅伝に出るため。生活の全てを駅伝に捧げてきた。
自分に甘い、心の弱い子は絶対に残れない。
そんな彼女達は全員本当に純粋で優しい子達ばかり。
彼女達を取材していると、いつもどこか幸せな気分にさせてくれる。
いつ会っても、どんなに辛い練習をした直後でも、どんなに疲れていても、
元気な笑顔で挨拶してくれる。何と言う健気な子達なんだろう。
全員が目標である、全日本に出場できれば良いのに…といつも思う。

でも、これは勝負。実際に走れるのは29人中でたったの6人。
スポーツの団体は、これがあるから辛い。
メンバー発表では、涙を流す選手、無表情の選手。色々な選手がいた。今の段階では、まだ10人しか分かっていないが、当日走る6人の選手たちは、この29人の戦いに勝って、代表に選ばれた選手。

走れない子達の分も全力で頑張ってほしい!そう心から願う私。
本番まであと1週間弱…。名城大学、4年ぶりの優勝をつかめるのか?!
私は、彼女達を全力で応援したいと思う。

そして、全日本が終わったら、大好きだけど我慢していた、甘い食べ物を沢山ご馳走してあげよう!

ディレクター:U

2009年10月13日[火]

高潔なる敗者

勝負の世界は厳しい。
内容がどうであれ、当事者そこのけで外野がいくらわめいたところで、
そこには、勝ちと負け、勝者と敗者しかいない。

それでも、だからこそ、時に勝負は美しく気高い敗者を生む。

ACLベスト4をかけ、名古屋グランパスは川崎フロンターレと対戦した。
過去の対戦成績を紐解いても、今シーズンの対戦成績でも川崎の圧倒的有利。
しかもACL準々決勝、先手を取ったのは、ホームで一勝を挙げた川崎だった。
そして、第2戦。グランパスのホームでの戦い。

グランパスはこれまでの雪辱を果たす
3対1の勝利。ここ1番で、グランパスが勝者となった。

試合後、肩を落として帰っていく川崎の選手たちに、
ホーム側のスタッフは掛ける言葉がみつからなかったという。

それでも、何とか「お疲れ様でした」と声をかけると、どの選手も、
きちんと相手の目をみて「お疲れ様でした」と頭を下げていく。

そして、川崎の主力・中村憲剛選手。
「お疲れ様でした」と声をかけたスタッフの方に向き直り、
「頑張ってください」。頭をぺこりと下げて帰った。

戦った者だからこその気概だと、思った。

グランパスは、ただグランパスのためだけではなく、
これまで戦った敗者の想いを胸に戦うことになる。

ディレクター:A

2009年10月07日[水]

20年

ドラゴンズ一筋20年の井上一樹選手が、先日引退セレモニーを行いました。
井上選手が「今までプレーしてくれた皆ありがとう」と涙を流して語る姿に、
僕も、もらい泣きしてしまいそうでした。

井上選手は、今シーズンの大半を2軍で生活してきました。
1軍に上がっても、なかなか結果を出せない日々が続きましたが、
9月に入り、27打席目にして、ようやく初ヒットを打ちました。
ナゴヤドームは大きな歓声に包まれ、井上選手はベンチに戻ると大号泣。
苦しんで、ようやく打てた気持ちがそれだけで伝わってきました。

初ヒットを打った翌日、井上選手のぶら下がり(インタビュー)を撮ることになり、
僕が質問することになりました。
実はこれが、インタビュー初体験です。
心の中は、緊張してドキドキでしたが、僕の、たどたどしい質問に、
井上選手は丁寧に答えてくれました。

「この9月に入って開幕おめでとうみたいな、メールは来ましたけども、ある意味、僕のシーズン初日だったわけですから、すごく難産でした。」
他にも、無我夢中で監督の言葉を覚えていないなど、談話では聞けなかった話もしてくれました。
初インタビューが井上選手で本当によかったです。

シーズン終了まで、井上選手は現役なので、
クライマックスシリーズでの活躍に期待したいです。

ディレクター:N