メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!

2009年09月30日[水]

ゴルフ取材はヘトヘト30秒

また、今週男子のプロ・トーナメントが東海地区で行なわれる。 9月のゴルフ5レディースから4試合目。ここ3試合は女子トーナメントだったが、諸見里や横峯ら注目選手の出場で予選初日から大勢のギャラリーで賑わった。

ゴルフ取材は狙いの選手や上位選手を追っかけて取材するのですが1台のカメラで18ホール全部追っかけるのは無理なんですね。ティーショットを打ち終えた選手は、花道のフェアーウェーを移動しますが取材班は大勢のギャラリーをかき分けてラフを猛ダッシュ。それでもグリーンで待ち受けることは非常に困難なんです。コース沿いに移動できることはまれで、大半が崖を上って移動します。そこで我々取材班は事前にコースレイアウトを見て、バーディを取りそうなパー5のロングホールや距離の短いパー4を選択して先回りして選手をグリーンで待ち受けます。 18ホール、せいぜい半分の9ホール回れればOK、そのホールで狙いの選手が3、4つバーディを奪えば「好調」と言えるでしょう。ただゴルフは必ずしも好調とはいかず、当然不調な時もあるので不調も撮影しなければいけません。ショットなのかパットなのかを何がダメなのかを見極めながら選手を追います。特にティーショットを林に打ち込んだり、池ポチャなどのトラブルは是非ものです。

こうして一日中、ゴルフ場を走りまわりヘトヘトになって帰ってくると「ニュースは30秒」と聞かされどっと疲れがでる。こんな日が男子は4日間、女子は3日間続く。それでも石川遼選手のドライバーショットやグリーンエッジから直接カップにねじ込むチップインを間近で見るとなんだか良い気分になる。今週は石川のアプローチを勉強しに三好へ行きます。

ディレクター:Y