メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!
2009年6月

2009年06月23日[火]

ゴルフブーム到来

今、スポーツ部員の中でゴルフに熱くなっている。
メタボや健康診断再検査と運動不足の我々にとってはとても良いことだ。

これまでスポーツ部員はフットサルや草野球と定期的に活動してきたが、どれも自然消滅、長続きしなかった。しかし今回のゴルフは本物かもしれない…

先日もスポーツ部で2組出掛け、芝刈りをしてきました。男子プロトーナメントの取材で学んだ、石川遼選手のバンカーショット!矢野東選手の豪快なドライバー等イメージトレーニングは完ぺきだった。

ところがコースにでると上手くいくはずもなく、ラフからラフへ渡り歩き、見事に手入れされたフェアーウェイを歩くことはなくスコアーは散々だった。それでも楽しかった。

なんだろう?この気持ち‥「上手くなりたい」「100を切りたい」
こうした向上心が次につながり、またプレイしたいと思うのかもしれない。
翌日「また行きたいね」「練習へ行こう」という話になった。

私のゴルフ歴は長いがたいしたことはない。練習嫌いでとにかくコース、ゴルフはクラブと有名選手愛用のメジャーブランドを買いあさり、形、格好から入っているが現状だが今更改めるつもりもない。若いスタッフに抜かれるのは時間の問題となった。

ディレクター:Y

2009年06月16日[火]

杜の都・仙台の息子

「クリネックススタジアム宮城まで」
と先日のドラゴンズ仙台遠征でそう筆者がタクシードライバーの方に話した時の話。
2日間行われた楽天vs中日の試合取材でスタジアムまでの行き帰りでタクシーに乗ったのですが、行き先を伝えるや否や返ってきた言葉は
「はぁ楽天・・・うーん・・・今年はいげると思っでだんだばね・・・」
と我が息子を想うような楽天に対する想い。
筆者が中日取材で仙台に来た事をドライバーさんに伝えると
「中日ですか。なーんもせんでも落合さんがしっかり選手を信頼してやっでるから問題ねえべ、それに比べて楽天ときたら・・・」
とどんな話をしても最終的には楽天の話になるのです。
それが2日間とも続きました。

筆者は生まれが名古屋なので、モノゴコロのついた時から当たり前のようにプロ野球、特に中日ドラゴンズは身近な所にありました。しかし以前に比べ TV中継は少なくなり、世間のスポーツへの関心もプロ野球だけではなく多様化している今となってはなかなかそんな話も街では聞かなくなったように思います。
だからすごく仙台でタクシーに乗った一コマが凄く懐かしい気がしたんです!!
タクシーに乗っていた時間はわずか10分足らずだったのですが、最後にこんな質問をタクシーのドライバーさんにしてみました。
「皆さん楽天が好きなんですね、楽天ってみなさんにとってどういう存在なのですか?」
すると「そりゃもう息子同然よ!!楽天が仙台に来てくれて街は活気が出たど思うし、やっば一年を通して野球が見れるのは嬉しい事よ、これで強くなっだらば最高さ」
「楽天には中日の選手が多いから、ボクは応援していますよ」
「そりゃありがてえ。そんでも有難い事言ってくれても運賃はまけねえべ。こっちも商売だがらよ」
「そうですか・・・ははは・・・」

こうして筆者は運賃をきちんと支払い、木曜日のゲームでは楽天田中投手の好投で、連敗を6で止めたゲームを取材したのでした。

ディレクター:Y

2009年06月09日[火]

職人・長谷川

先日、岐阜県高山市に行ってきました。目的はスキークロス・長谷川勝彦選手の取材。

長谷川選手はスキークロスという新種目の選手として活躍する、岐阜県高山市出身の若きホープ。世界を転戦し、日々腕を磨いています。
しかし、スキーは冬のスポーツ。夏場はトレーニングに励んでいるそうです。

以前、番組に出演して頂いた際に遠征費の話がありましたが、実はスキー連盟などからは海外遠征の費用は全く支給されていないんです。つまり、全額自腹。冬のシーズンだけでも莫大な遠征費がかかります。
その為、長谷川選手はオフの間はトレーニングをする傍ら、遠征費を稼ぐためにバイトをしているんです。これは地域密着型アスリート応援番組「スポケン!」としては取材しなければということで、さっそく仕事現場へ…。
するとそこには、スキーウエアではなく、ニッカポッカに身を包んだ長谷川選手、いや、長谷川職人が…。
やっている仕事は塗装工。いつもシーズンオフはここで仕事をしているという長谷川選手。黙々と壁を塗っていました。
仕事風景をひとしきり撮影した後、長谷川選手が働いている会社の社長にインタビュー。そこで、思わぬ本音が聞けました。社長は、「実は長谷川君にはスキークロスを辞めて、ウチの会社に入ってもらいたい」と。。。なぜ???
なんでも長谷川選手は、プロの職人さん顔負けの腕前の持ち主なんだそうです。だから、是非ウチの会社に就職して欲しいと(笑)
スキークロスでも日本トップレベルで活躍している長谷川選手。塗装工の腕前もピカイチなんだそうです。まさに職人・長谷川。。。

こんな、普段見られないアスリートの姿もおりまぜながら、2010年バンクーバーオリンピックを目指す長谷川選手の特集を、秋~冬にはスポケンで放送する予定ですので、皆さんお楽しみに!!
今後も長谷川選手の活躍から目が離せません!!

ディレクター:M

2009年06月02日[火]

ついにハマってしまいました。

ついにハマってしまいました。
何かって?
そう、大人の趣味、ゴルフです。
メッチャ面白いです。
始めたのは8年ぐらい前なんですが、練習に3回ぐらい行って終わりました。
その6年後、仕事関係のコンペに出場してしまいました。
全く練習もせずに出たんですが、スコアは119!!!(パー2個)
自慢じゃないですが天才かと思いました。
しかし・・・・調子に乗って次も行ったら126、その次は131・・・
やればやるほど下手になっていきます。
調子に乗ってすいません。かなりの凡人です。

そこからハマってしまいました。
ただ、ハマってしまいましたがスコアは全く伸びません。
プロが普通に球を打っていることがどれだけすごいことなのかをようやく分かりました。
あるアスリートの言葉を思い出しました。
「普通にやっているように見えるけどそれは普通にできないんです」
アスリートたちは毎日同じような練習をしていますが、その練習を積み重ねることによって普通のパフォーマンスができているんですね。
その先に到達するには想像を絶するようなトレーニングをしています。
アスリートたちは毎日そういうことと戦っていることを改めて実感しました。

ディレクター:M