メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!

2009年05月12日[火]

グランパスACL予選突破とマヤサヤ

グランパスがAFCチャンピオンズリーグのグループステージをみごと1位通過しアジアのベスト16に勝ち上がった。次は6/24にアントラーズか韓国の水原ブルーウイングスとベスト8をかけて瑞穂で戦う。メ~テレで中継する予定だ。アジアNo.1になれば12月にアラブ首長国連邦で開かれるFIFAクラブワールドカップに出場できる。がんばれ名古屋グランパス!!

話は変わってこのまえ7月のローマ世界水泳に出場するシンクロの木村真野、紗野選手の壮行会があった。日本期待の双子アスリートだ。シンクロのアスリートを見て感じることは、彼女たちは「新しい人類、まさに水生の哺乳類」に進化する過程にあるのではないかということだ。水泳のアスリートもそうだが特にシンクロの選手は、人より速く走る、重いものを持ち上げる、上手く歌うなどという人類がもともと持っている能力とは別次元の世界でパフォーマンスしていると思うのだ。それは海に帰っていった多くの哺乳類の進化の道と似ている。(数千万年前にクジラが、数百万年前にアザラシが、そして数万年前にラッコが海に帰り適応し、水生哺乳類として進化した)何をアホなこと言っとるとお叱りを受けるかもしれないが、現にフランスのヴィルジニー・デデュー(2003、 2005世界水泳シンクロソロ金メダリスト)はノーズクリップを付けずにパフォーマンスできた。またフリーダイビングのジャック・マイヨールの脈拍は酸素消費を抑えるために深海では極端に少なくなっていた。そのうちにゴーグルなしでも水中で視力を維持できるスイマーやシンクロアスリートがきっと現れるに違いない。

ローマで人魚となれ!マヤサヤ!!

スポーツ部長:N