メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!
2009年4月

2009年04月28日[火]

4タコ

先日、ナゴヤドームでテレビ・ラジオのディレクター&アナウンサーvs新聞社・通信社の記者による草野球が行われました。毎年、ナゴヤドームさんのご厚意で年に1度開催されるこの草野球大会。入社2年目のわたくし、初めて参加してきました!23年の人生のなかで野球経験と言えば、高校の時の体育の授業と中学の時にやったパワプロくらいです。

記者チームの先発ピッチャーが落合英二さんというサプライズもありつつ、朝8時30分からおよそ2時間汗を流しました。 4回打席が回ってきましたが、3三振にピッチャーゴロ。1本ぐらいヒット出るかな~と淡い期待を抱いていましたが、見事に凡退でした。

1度、フルカウントまで粘ったのですが、そこで一瞬、「フォアボール」と少しでも考えたのがダメでしたね。結局、見逃しの三振。

それにしても、バットに当たらないものですね。ジャイアンツの大道選手以上に短くバットを持ちましたが、空を切るばかり。

一方守っては、ライトで2度の守備機会を無難にこなしました。白熱した投手戦だったので、なかなか外野にボールが来ませんでした。どんどんボール飛んでこーい!と思ってはいても、いざボールが飛んでくると、「ヤベッ!来た!」とヒヤヒヤしながら打球を処理していました。

私たちは普段試合前の練習をベンチ前で見ています。いつもグラウンドレベルでドーム内を見渡していますが、フィールドから見る景色はまた一味違って壮観でした。

これを機に、近々バッティングセンターに行ってみようかなと思います。
僕は何ともなかったのですが、若さに満ち溢れている22歳のカメラマンは翌日筋肉痛に襲われていました。

アシスタントディレクター:S

2009年04月21日[火]

アジアNO.1をめざして

名古屋グランパスは今AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦っている。サッカーファン以外の人にはあまりなじみがないかもしれないACLだが、よく知らない人はメ~テレのホームページのスポーツのところに大会概要や見どころが詳しく書かれているので必ず読んでください。
また、当スポケンでもグラビアアイドル&研究員の福井未菜ちゃんが毎週ACLについてやさしく教えてくれるので必ず見てください。ACLは簡単に言えば、中東を含む全アジア各国のサッカークラブチームの中から選りすぐりの強豪32チームが予選リーグ→決勝トーナメントを戦い、「アジア最強のサッカークラブチーム」を決める大会。ACLで優勝するとアジア代表としてクラブワールドカップへの出場権も得られるだけに、クラブにとっては通常のリーグ戦にも勝るとも劣らないくらい重要な大会なのだ。

4月21日現在のグランパスのACL予選リーグの成績は1勝2分の勝ち点5。単独首位となっている。蔚山現代(韓国)にアウェーで勝利、北京国安(中国)とニューカッスルジェッツ(オーストラリア)にはホームでそれぞれ引き分けた。ホーム2試合はメ~テレの中継があったので私も瑞穂競技場に行った。さすが国際試合。いつものJリーグの試合とずいぶん雰囲気がちがう。当然外国人関係者が多く目につくし、とりわけ相手チームの選手は背が高い。また取材制限がJリーグに比べて厳しく、いつもは自由に行き来できるエリアにも柵があって行けず、そのせいでいつも使用しているトイレにも行けないので記者用の仮設トイレが設置してあったり…。

メ~テレはグランパスのACLのホ-ムの試合について地上波の中継だけでなく、国際映像の制作も請け負っている。つまり、中継映像はそのまま国際映像としてアジア各国へ配信されるのだ。自分たちの作る映像が人口数十億というアジア全域に向けて発信されるということで、スタッフはいつもの中継以上に気合がはいる。アナウンサー陣はあまりなじみのない選手の顔と名前、背番号を必死に覚え、カメラマンはなるべくグランパス寄りにならないよう公平な“絵作り”を心がけ、我々も「アジアNO.1」の中継をめざしている。

5月6日のゴールデンウィーク最終日はACL第5戦・グランパスvs蔚山現代(韓国)の試合が瑞穂で行われる。グランパスは単独首位とはいえ、下位チームとの勝ち点差があまりなく、予選突破のためにはなんとしても勝たなくてはならない大一番だ。ちょうど祝日ということもあり、この試合は午後3時から生放送の予定。解説はメ~テレサッカー班の親分こと川添孝一さんと元グランパスで元日本代表の望月重良さん。望月さんは現役時代、ピクシーに「私の10番を継ぐのはお前しかいない」と言わせた天才MF。望月さんには試合中ピッチから解説をしていただく。望月さんは「ピッチで解説をしているとベンチのピクシーから「お前が(試合に)出ろ」って合図されるんだよねえ」と言っていたので、今度も望月さんでしかしゃべれない情報や解説が試合中にガンガン飛び出して中継を盛り上げてくれそうだ。

5月6日は「アジアNO.1」をめざすグランパス(&メ~テレ中継スタッフ)の国際試合を生でたっぷり堪能してください。

副部長:K

2009年04月15日[水]

○日間耐久フィギュアスケート!?

いよいよ今週16日木曜日から4日間、今シーズンのフィギュアスケートの最終戦「世界フィギュアスケート国別対抗戦」が東京の代々木第一で開催されます。

メ~テレでは世界が注目するこの大会を16日から4夜連続よる7時から放送します。

ということで、
メ~テレのフィギュア担当の筆者は数日前から東京へ派遣され、系列局のテレビ朝日のスタッフとともに放送に向けての準備と放送業務に携わっております。

この文章を書いているのは開幕の2日前・・・
恐ろしい数の素材テープと資料などに囲まれた東京六本木 テレビ朝日内のスタッフルーム通称「タコ部屋」での生活にすっかり慣れました。

この「タコ部屋」にはテープや資料に加え、早朝になるとADさんと思われる異臭を放つ数体の「シカバネ」が転がるうえ、発酵中の有害なる食料、洗われることない衣服などで、なかなかの環境汚染になってきています。

でも私たち住人たちが睡眠をとることができるのはADさんだけに限らず本日まで・・・
いよいよ楽しい♪楽しい♪「24時間耐久フィギュアワールド」がやってきます。
そして そのフィナーレには「辿り着いた者しか絶対に得ることのできない達成感」が待っています。

みなさん
「世界フィギュアスケート国別対抗戦」にご期待ください。
そしてメ~テレのフィギュア関連の番組もよろしくお願いします。

ディレクター:K

2009年04月08日[水]

雄叫び

先日、テニスのジュニア国際大会「ジャパンオープンJr」という大会がありました。
各国から世界レベルの17歳以下の選手達が集う、結構大きな大会です。
大会の会場に行ってまず思った事…
みんな絶対17歳以下じゃない…。笑
私よりだいぶ年下のハズが、私より何倍もグラマラス。
外国の人ってやっぱり大人っぽいですよね!

そんな外国の選手の試合を見ていて衝撃を受けたことがあります。
それは、試合中にあげる「雄叫び」
プリティーな外国の選手が、試合中にもの凄い大きな声で雄叫びをあげるのです。
ただでさえ静かなコートに吠えるような雄叫びが響きわたります。
他のコートの雄叫びもしばしば聞こえてきたり…
「Waaaaaao!!」「Ohhhh my gooood!!!!!」「キャ~~~~~~」

でも何故か会場も凄く盛り上がるんです。
あんな静寂なコートの中で、さらに沢山のお客さんの前で、恥じらいもなく雄叫びをあげる選手を見ていると、なんだか凄く応援したくなるんですね。
本当に悔しいんだなとか、本当に嬉しいんだなとか、選手の気持ちが分かるような気分になります。
不思議なもので、お客さんも最初は笑っていたけれど、最後には拍手喝采。
何かに一生懸命取り組むのって良いなと、しみじみ思いました。

最後に…この「雄叫び」はテニスだけなのか?
これからも注目していきたいと思います。

ディレクター:U

2009年04月01日[水]

名古屋のお土産は何?

先日、3ヶ月に1度のテレビ朝日系列スポーツニュースデスク会が東京で開かれ、北は北海道、南は九州・沖縄の全国24局の担当者が集まる。だが、中にはスポーツに縁のない地方局は欠席するので半数の12局ほどの会議となる。

そこで今や風物詩となっているのが手土産なのだ。北海道からはここ数年「白い恋人」が定番であったが「生キャラメル」に変更。宮城からは枝豆をすりつぶした餡の「ずんだ福餅」米どころ新潟からは日本酒の饅頭。大阪からは阪神タイガースカラーの箱に入った煎餅。福岡からは「あまおう苺チョコクッキー」と担当者は県の特産、名産品を持ち寄る。それぞれのお土産は会議1部と2部の休憩時間に配られ机の上は色とりどりの賑わいを見せる。

それで名古屋から何を買って行ったかというと…定番のえび煎餅「ゆかり」にした。いつものことで周囲のリアクションは薄い。今、駅の売店では「○○ の味噌味」とか「味噌カツ○○」とか「シャチホコ○○」が前面に押し出されているが、なかなか持って行くには勇気がいる。

皆さん、名古屋のお土産で喜ばれるものがあったら教えて下さい。

ディレクター:Y