メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!
2009年2月

2009年02月25日[水]

伊集院所長のすごい話

番組収録を終えた控え室。そこでは伊集院所長を交え、いろんなトークで盛り上がる。収録の反省はもちろん、スポーツ以外にも芸能界の裏側や経済、恋愛、素朴な疑問などさまざまだ。時間にして1時間ぐらいだろうか。もちろん話しの中心は伊集院所長!雑学王だけにどんな分野の事でもほとんど知らないことがない。というより、なぜそこまで知っているの!?っていうぐらい物知りである。しかも、私が言うのも大変失礼な話しですが伊集院所長は話し超上手!ストーリーがあるというかオチまで付いているというか、普段思いもつかない角度からの目線で話しを進めていくので「へぇ!へぇ!」の連続!だからいつしか控え室はスタッフから伊集院所長への相談室?になっていってしまうのです。わからない事は伊集院所長に聞けばいい!みたいな感じ。

例えば、テレビを買いたい「液晶」か「プラズマ」どっちにしようか・・・なんて迷っていたら、どこぞの電気屋さん以上の情報を事細かに話してくれます。「ちなみに何を買おうと思ってるの?」「あーそれを選んじゃうんだー」「コレはこういう仕組み」「この部品、工場は海外だからね」「この機能でこの値段はねぇ」「コレとコレ比較したらどっち取る?」「こうでしょ~」「でも最後選ぶのは自分だからね」とまあ、完全にその話しにやられてしまうのです。

2004年から始まった伊集院光の「スポケン!」はまもなく6年目に突入!「雑学王」「ラジオ界のカリスマ」「うんちく王」そんな伊集院所長の超話術を何とか活かせるよう番組作りに励んでいこうとおもいます。「スタッフの一言」では番組づくりの裏側、伊集院所長の普段はどういう人なのか?番組では見られない裏側を暴露していこうと思います。

ディレクター:H

2009年02月18日[水]

グランパス・FC岐阜キャンプ取材

先週、グランパスとFC岐阜のキャンプに行ってきました。グランパスのキャンプは鹿児島県指宿市。砂蒸風呂で有名な温泉地だ。今年は暖かく菜の花が満開で、持参したベンチコートは荷物になっただけだった。2年目を迎えるピクシーグランパス。念願のJリーグ制覇に向け、昨年のキャンプよりピリッとしまった緊張感のあるキャンプだ。特に新加入の田中隼磨選手は気合の入ったいい顔をしていた。ダヴィの動きもよく、今シーズンの大活躍が期待できる。ピクシーの独占インタビューは3/7のスポケン!で放送します。お楽しみに。
鹿児島から電車で宮崎へ。FC岐阜のキャンプは宮崎県西都市。昨シーズンのメンバーから大幅に若返ったFC岐阜。ザスパ草津との練習試合を見たが皆運動量も豊富で、声も出ており、試合には負けたがベンチに帰ってきた選手たちの明るい笑顔が新生FC岐阜の躍進を予感させた。

そして、今週末、

プレシーズンマッチ グランパスvsFC岐阜
2/22(日)13:30キックオフ 豊田スタジアム

がメーテレの主催で開催される。今シーズンの両チームの活躍を占う注目の一戦だ。是非スタジアムに来てください。
放送は当日深夜1:40から。解説はおなじみの川添孝一さんと、森山泰行さんです。
よろすく!!!

スポーツ部長:N

2009年02月13日[金]

キャンプ取材

今年の私のキャンプは終わりました。去年は2回に渡り、およそ2週間滞在したドラゴンズの沖縄キャンプも、今年は1~5日のわずか5日間で終わり。元々は14日の「スポケン!」に「落合監督企画」を出稿する予定だったのですが、スケジュールの都合上、7日のスポケン!に別の企画を出稿する事になったためです。その後は、現地にいる記者が送ってくる原稿に合わせて、こちらで編集する「受け」という作業にまわりました。

キャンプ取材と言うと、よく「沖縄?いいねぇ。」などと社内外を問わずうらやましがられますが、はっきり言ってそんな良いものではありません。試合取材の方がよっぽど楽なのです。試合だけを見ていればいいのですから。

キャンプ取材は朝9時過ぎに球場を訪れ、受付で球団から渡される練習メニューを見て、その日のネタをチョイスして追う訳ですが、それだけに注意を払っていればいいものではありません。中堅以上の選手になってくると、メニュー通りに動かず、自分のプランで進める選手もいます。そのため、お目当ての選手だけをおっかけていると、違う選手が練習メニューにない変わった練習を、違う場所でやっていたり、またお目当ての選手が時間通りに来なくて、それを探しに行ったら、ただの時間遅れだったりとか、本当に記者泣かせの取材なのです。今年、毎日のようにやっている落合監督の「オレ流ノック」、あれもメニューには載っていません。なので、外野の和田選手や小池選手がノックを受けに現れた時は本当にビックリでした。

ちなみに私たちの場合、練習が終わってからネットの「報道ステーション」とローカルの「どですか!」用のネタを編集して送り、原稿を書くという流れなのですが、もちろん仕事が終わるのは深夜の事。沖縄ライフを満喫、なんてのは週に一回の休日だけ。(他球団なら5日に一回なのに・・・)。しかもこの数年、天気も恵まれずとても寒く、全く沖縄感のないキャンプでした。でも今年は本当に暖かい日ばかりで、半そでで十分に過ごせるほど。たいへんだけど、もう少しいたかった!!!!かも。

ディレクター:N

2009年02月03日[火]

今年もやってきました沖縄県。
プロ野球を担当するようになってから毎年のようにこの時期はキャンプ取材で沖縄に長期滞在をして季節はずれの日焼けをしています。
今年は、ここまでとても天気が良く、ドラゴンズのキャンプも順調そのもの。
自分の日焼けも例年よりハイペースとなっています。

そんな中、先日沖縄への移動中にハプニングが・・・。
元ドラゴンズの選手とセントレアに移動する電車の中でバッタリ。
およそ1年半ぶりの再会です。
ドラフトで取材して以来、その選手を応援していたのですが残念ながら結果が残せずに退団。
地元に帰って、いち社会人として再出発したはずでした。
しかし、様々な事情があってナント今は沖縄で仕事をしているとか。
ともあれ幸せそうな姿を見て一安心したと共にこのキャンプ中での再会を約束し、またひとつ沖縄での楽しみが増えました。
それにしても最近、この偶然の再会もそうですが、人と人の縁の不思議さを感じることが多いんです。
去年、ちょっとした一言がきっかけで1年間密着したドラゴンズの荒木選手の取材でも
その中で出会った人たちと自分に意外な繋がりがあったり。
例えば、自分の住んでいるマンションの管理会社の人がいたり、以前仕事をしていた人と数年ぶりに会ったり、とか。
まったく関係が無くなっていたのにある人物を通じて突然、関係が復活したりする。
まさに「縁」がなせる業。いつ、どこで、誰と「縁」ができるやら・・・。
そこで改めてひとつひとつの「出会い」を大切にしたいと思う、今日この頃です。

ディレクター:T