メ~テレトップSPOKEN! >スタッフの一言

spoken!
2007年11月

2007年11月27日[火]

トップアスリートの力

あるアスリートのレースを観に行った。
本来は、スイム(水泳)、バイク(自転車)、ランの3種が組み合わされたトライアスロンを主戦場としている選手が、その日は、ラン、バイク、ランの2種を組み合わせた、本職外のデュアスロンに出場していた。

トライアスロンは、ほぼオフシーズン。本調子ではない時期で、しかも直前の合宿で足を傷めていた彼は、そのレースを調整と位置づけていた。
レース前に調子を聞くと、「いや、足はちょっと…。まあ、調整やから、適当っていうか、そこそこで…」と、関西弁で笑って答えた。スタート前もいたってマイペース。競技説明会が始まっても、ゆるゆると別の場所でレース準備。他の選手が、すでにバイクをトランジッション・エリアにセッティング完了しても、一人だけバイクセッティングを終えておらず、放送で呼び出される始末。レース直前も張り詰める空気はどこ吹く風で、一人軽くアップをこなし、スタート2秒程前に人ごみをかき分け、最前列に辿り着くほど。それくらい、暢気な空気だった。
けれども、レースが始まってしまえば、結局はトップ集団。最終ランでも、トップ争い。周回レースで最終ラップの競り合いこそ譲り2位とはなったものの、ゴール後も息を切らすことなく、悠然とダウンのラン、バイクに行ってしまった。

案の定とも言えなくはない。何せ、普段はワールド・ツアーを転戦している身。本来の力でいけば、その大会を制することは、当然というか、使命であるかもしれない。それでも、オフシーズン、足の怪我。何かがあっても、許された。けれども、‥‥である。調整であっても、譲れない。と、いうよりは、むしろ揺るぎ無い。何があっても、揺るがない。トップアスリートが、トップたる所以。――見せ付けられた気がした。

ディレクター:A

2007年11月22日[木]

鳥取・カニ道楽

先日、FC岐阜の試合が鳥取であり朝一番の飛行機で米子へ移動。そこからレンタカーで2時間かけて競技場へ移動。鳥取は今年一番の冷え込みでナイトゲームは体の芯まで冷えあがる。もう試合どころではない。睡魔も襲う。よく雪山で遭難すると極度の睡魔が襲い死につながるケースがあるが、まさに、その瞬間を体感。なんとかFC岐阜のゴールラッシュで目が覚めたが試合後取材もそこそこにスーパー銭湯に駆け込んだ。

その後、海の幸を求めて夜の町へ繰り出し見つけた店は、頑固おやじが経営する「海・かい」今月6日に解禁になった蟹がショーケースを彩る。しかし1杯 8000円とは値が高い。おやじは他店で1万5千円ほどと言う。どうする蟹? そこへ飛び込んできたのがFC岐阜のM氏とI氏、たにまちのY氏、新聞記者の二人。焼き蟹大会が幕を開けた。一杯、二杯と蟹を舌鼓。うまいの一言につきる。特に蟹ミソは絶品。奪い合いとなった。そうこうしている間に時計の針は深夜12時に差し掛かった。我々は湯冷めを気にしつつ帰るタイミングを見計らい、そそくさと二人分5000円をカウンターに置き店を後にした。後は宜しく…店の残金4万円は新聞記者が払ったと聞き胸をなでおろした。

翌日午前9時にグランパスがゲームを行なう大分へ移動。電車を乗り継ぎ大分到着は午後5時、7時間の大移動。グタグタで競技場についたら直ぐに試合開始。あいかわらずのドタバタ取材。一泊二日の出張の大半は移動であった。

ディレクター:Y

2007年11月13日[火]

愛知大学野球から世界の舞台へ!

熱戦の続いたプロ野球。日本ハムとの日本シリーズを4勝1敗で制し、見事に53年ぶりの日本一に輝いた中日ドラゴンズ。大いにファンを沸かせ続けた一年となりました。思えば愛知県はプロ・アマチュアを問わず、とても野球が盛んですよね。「野球王国・愛知」なんて呼ばれた時代もあったと聞いた事があります。

そんな「野球王国・愛知」で私が注目しているのは愛知大学野球。決して東京六大学野球のように、大勢の観客が見守る中試合は行われていませんが、とにかくレベルは高い!そして素晴らしい選手が多い!そんな印象を、私は大学野球取材で感じました。

まもなく19日に行われる、「大学生・社会人ドラフト」。この愛知大学野球リーグから今年も上位指名が予想される選手がいます。それは、長谷部康平投手(岐阜県出身・杜若高校→愛知工業大学)。8月に台湾で行われたプレオリンピック大会では抑えとして大活躍し、アマチュアで唯一、北京オリンピック日本代表の最終候補に選出、現在台湾で行われている、野球ワールドカップ(日本代表はアマチュアチームで構成)にも社会人と一緒に参加しており、愛知大学野球から一気に世界へと羽ばたいた選手なんです。

先日、野球ワールドカップに旅立つ前に彼と話をする機会があったのですが、こんな事を言っていました。「正直分からない事も多いし疲れもありますけど、ここまできたら気合だけですよ、気合。」何と彼は、愛知大学野球のリーグ戦を終えた後、野球ワールドカップに出場するため東京での合宿に参加し、台湾で試合を行い、帰国後すぐにドラフトを迎え、そして福岡で行われる北京オリンピック最終予選の壮行試合に臨む予定という、超!超!超!ハードなスケジュールをこなしているんです!

私はこのあまりの凄さに一言、「とにかく体壊れないように頑張って」としか言えなかった。 でも体は小さいけど精神的にも強そうな彼なら、間違いなく乗り越えてくれるでしょう。果たしてどこの球団に指名されるかは全く予想がつきませんが、北京オリンピック最終予選メンバーに是非残ってほしいと思う。彼がプロのビッグネームが並ぶ、星野ジャパンの一員として、日の丸をつけて投げているのを是非とも私は見てみたい!皆さんもそう思いませんか?

アシスタントディレクター:Y

2007年11月06日[火]

名古屋オーシャンズ

2007年9月23日。日本に「Fリーグ」という、新たな全国リーグのスポーツが誕生しました。そのスポーツとは、「フットサル」です。
フットサルは誰もが簡単に、しかも少人数で出来るスポーツ。その手軽さと、おもしろさから、最近は人気も上昇し、女性も参加しているのも見かけます。実は僕もフットサルを楽しむファンの一人なんです…。もっぱら最近は仕事の関係で参加できないことが多いのですが…。

そんな中、開幕したFリーグ。全国で8チームが参加する中、ここ地元名古屋からも「名古屋オーシャンズ」というチームがFリーグに参加しています。
名古屋オーシャンズはFリーグの中で唯一のプロチーム。選手の中には日本代表に選ばれるような、全国でも屈指の選手が多数在籍していて、優勝候補の筆頭にも挙げられるほど。Fリーグ開幕初年度である今年の一番の注目の的なんです!!知っていましたか??そんなチームが地元名古屋に誕生したのって、なんかワクワクしませんか??

元々フットサルはアマチュアスポーツ。現在でも、他で仕事をしながらFリーグに参加しているチームがほとんどの中、日本唯一のプロチームである名古屋オーシャンズにはいろんな経歴の持ち主がいます。小学校の先生を辞めて名古屋オーシャンズにきた選手や、元Jリーガーなどなど…。
誰もが憧れるプロ選手でも、決して今まで華やかな道を歩いてきたわけじゃないんです。というよりどちらかというと、苦労してきている人のほうが多いかもしれません。そんな選手の裏側が見てみたい!!
と思うのは僕だけでしょうか。
いや、スポーツが好きな人なら誰もが思うはずです。ということで、その裏側を探るべく名古屋オーシャンズに密着しました!その詳細は後日放送で!

ディレクター:M