放送内容

2018年06月08日放送

ドラゴンズ・平田良介 ~進化し続けるバッティング~

カテゴリー:野球

5月の月間打率は4割越え!!ドラゴンズ・平田良介選手はGW以降、好調を維持し続けている。

30歳を迎える節目の年、平田選手は野球とゼロから向き合っていた。
昨シーズンに負った右ひざのケガからの再起をかけ、改めて取り組みなおした体づくり。
その結果、体重を大きく減量することに成功。下半身にキレが戻り、バッティングに必要な感覚「粘り」を得ることができた。

また心境面でも大きな変化が。昨シーズン、キャンプから「遠くに飛ばす」と飛距離へのこだわりを持っていた。それが今年は「飛距離にはこだわっていない」。その想いを捨てたことで気持ち的にも楽になり、試合にも向かって行けるようになった。

そんな平田選手が今年1番手応えのあった打席は、5月12日、東京ドームの巨人戦。その第4打席。今シーズン初めて右方向に放った長打となるツーベース。
「右中間に強い当たりが出ることが自分の持ち味、それがやっと1本出たのがよかった」

体づくりから見直し、飛距離へのこだわりを捨てたことで新たな打撃スタイルを確立しつつある平田選手。
「自分自身の課題は、バッティング。そのバッティングを成長させることが自分自身、平田良介という選手が成長する証だと思う」