放送内容

2018年03月09日放送

名古屋グランパス 青木亮太

カテゴリー:サッカー

2年ぶりにJ1の舞台に帰ってきた、グランパス。
そんな中チーム躍進のカギを握るのが、プロ5年目の青木亮太。

昨シーズン風間監督の下でチャンスを掴むと、6月に待望のプロ初ゴール。
夏場には、クラブタイ記録となる5試合連続ゴール。
チーム2位の11得点を叩き出すなど、輝きだした、その才能。

しかし、そこに辿りつくまでの道のりは決して平坦ではなかった。
2014年、高校サッカー界の名門・流通経済大柏から加入。
次世代を担うスター候補として、大きな期待が寄せられた。
しかし翌年、左ヒザ前十字靭帯などを断裂。復帰までにはなんと1年半をも要した。

「あのケガがあって、身体作りを見直した。つらい時期もありましたけど、あの時期があったから今がある」

今やチームの主力となった青木は、誰よりも早くクラブハウスに姿を現す。
練習前、ヒザ周りを中心におよそ1時間。自らの体と向き合い、入念にケアを行っている。
未だに左脚の筋肉の量が戻りきっていないため、筋力トレーニングも行う。
左右のバランスを整え、ベストなパフォーマンスを追い求める。

大ケガから復活を果たし、覚醒を遂げた男が、今シーズンさらなる高みへ。

「J1の舞台でチームとしても個人としても、やっていく中でだんだん結果を出していって。やっぱり優勝争いにも絡めるようにやっていきたいですし、去年以上に、得点・アシストは超えていけるようにやっていきたい」

また青木選手と秋山選手は高校時代の同級生で、日本一も経験した間柄。
2人は高校卒業の際に、互いにメッセージを送っていた。
秋山→青木 「プロの世界で待ってろ!」
青木→秋山 「またサイコーの舞台でやろうな!」

プロの世界で再会を果たし、左サイドでコンビを組む2人。
抜群のコンビネーションで、グランパスを勝利へと導く!!