放送内容

2018年01月12日放送

18.44m(イチハチヨンヨン)谷繁元信×岩瀬仁紀

カテゴリー:野球

去年12月の年末スペシャルとして放送した18.44m(イチハチヨンヨン)。
今回は年末にお届けできなかった未公開トークを放送。

未公開トーク(1) 「最強打者」

谷繁、岩瀬が対戦したバッターの中で最も嫌だったバッターは一体誰なのか?
590試合、バッテリーを組んだ2人ならきっと分かるはず!ということで
お互いに推理し、正解が一致するかどうかをチェック。

・岩瀬にとっての最強打者
谷繁推理 「金本知憲」
岩瀬解答 「ペタジーニ」

岩瀬が選んだペタジーニはヤクルト、巨人などで活躍した左打の長距離砲。
嫌な理由は「岩瀬が投げたスライダーの軌道が、ペタジーニのスイングに合ってしまうから」
さらに「バットの面を返さない打者が嫌い」というこぼれ話も。

・谷繁にとっての最強打者
  岩瀬推理 「ラミレス」
  谷繁解答 「前田智徳」

またしても不一致となりましたが
谷繁の言う前田智徳は広島カープで「打撃の天才」を呼ばれ大活躍した選手。
「バッターとしての能力全てを兼ね備えていた」と言い、
配球を読む力、どこに的を絞っているのか考え方が分からない選手だったと谷繁は語りました。
さらに当時のミーティングで「打ち損じを待とう」と大真面目に話し合ったといいます。


未公開トーク(2) 「チームの未来」
5年連続Bクラスと低迷が続くドラゴンズ。
それぞれの立場で内外から見たチームとは果たして?

谷繁「京田に続く選手が出ていない。Aクラスチームとの差はそこにある」
岩瀬「若い子たちに元気がない。投手で言えば鈴木翔、小笠原、柳が早く一本立ちすること」

若手の活躍なくして、チーム浮上はないと考えている二人。
今年こそBクラスを脱却し、優勝目指して頑張れドラゴンズ!