放送内容

2014年09月07日放送

~フィギュアスケート大特集~

「メ~テレ杯ジュニアグランプリ愛知大会出場選手」

トップスケーターへの登竜門、ジュニアグランプリシリーズが開幕した。
世界7カ国で開催され、獲得ポイント上位6名のみがファイナルへ進出。
かつて、浅田真央、安藤美姫、村上佳菜子、小塚崇彦、羽生結弦などが優勝し、世界のトップスケーターへと飛躍を遂げた世界最高峰の舞台で、ジュニアの世界一を決定する。
そして、その第4戦目が、ここフィギュア王国愛知で開催。
それが「メ~テレ杯ジュニアグランプリ愛知大会」。
若きニッポン代表として戦う選手がこちら!!


☆宇野昌磨(16)
16歳にしてすでに4回転ジャンプを習得している愛知のスーパー高校生!表現力や雰囲気は天才的と言われ、見ている人を虜にする。さらにジャンプも安定感は抜群で同世代の日本人選手には負け無し!ジュニアグランプリ出場は今年で4年目!しかし毎年あと一歩のところでファイナル出場を逃している。世界で勝つために、今シーズン最大の武器、4回転を手に入れた。それを後押ししたのがソチ五輪だった。「夢のような舞台で自分も出たいと思った。その気持ちが練習内容を良くした。」偉大な先輩たちが立った夢の舞台へ・・・。さらに進化した演技でメ~テレ杯優勝、初のファイナル出場を果たし、夢への第一歩を踏み出す!

☆横井ゆは菜(14)
昨年、ジュニアに上がったばかりの名古屋の中学2年生。元フィギュアスケート日本代表の鈴木明子さんと同じ邦和スポーツランドに所属。「鈴木明子2世」と言われるほど滑り方、表情、仕草が良く似ている。実際に愛知の大会で山田満知子コーチが「滑り方が良く似ている」と解説している。朝練は週に4回、起きるのはなんと午前4時15分!ハードな練習をこなす彼女の元気の源となるのが大好きな「小倉&マーガリン」。そして今年、初のジュニアグランプリ出場を決めた!その初舞台で身にまとうのは、なんと憧れの先輩・鈴木明子さんが以前着ていた衣装!
「初めてだし、チャレンジする気持ちで魅せるぞ~みたな気持ちでやりたい!!!」。
憧れの先輩の力を借りて、代表デビュー戦へ挑む!



☆坂本花織(14)
笑顔が絶えない中学2年の関西スケーター!全国では2位の成績を収め、2年連続ジュニアグランプリの出場を決めている。スケート以外にも水泳や長距離走が得意で、スポーツ万能!武器は3回転-3回転の連続ジャンプ!しかし昨年のジュニアグランプリで緊張のあまり、練習で跳べず、本番(ショート)では確実に成功する3回転-2回転に変更せざるを得なかった。
「今年は自分の納得の演技ができるよう、自分を信じて思い切り滑り、笑顔で終わりたい。」
今年こそショート、フリーともに3回転の連続ジャンプを決め、昨年の雪辱を同じ舞台で果たす!!

☆梶田健登(18)
今シーズン、高校3年生にして国際大会デビュー!これまで、中学1年からずっと度重なる怪我に悩まされ、怪我無くシーズンを終えたのは高校1年生のみ。そんな遅咲きのスケーターが今年初めての日本代表の一員となった。
「ジュニアグランプリは何もかもが初めてで憧れの場所。挑戦者として思い切り滑りたい!」
やっと掴んだチャンスで夢の舞台に立つ!

☆永井優香(15)
・東京が生んだ美人女子高生スケーター。ジュニアグランプリ3年目の出場。過去2年はどちらも8位に終わり、思うような結果が残せていない。自身も、「3年目なので、もうそろそろいい演技がしたい」と話す。そんな中、1週間前に行われたジュニアグランプリ第2戦・スロベニア大会で2位!!初の表彰台に乗り、自己ベストも更新した!!
初のファイナル出場がかかるメ~テレ杯に期待が高まる!

☆山隈太一朗(14)
大阪で双子の姉と共にスケートに励む中学2年。昨年、13歳にしてジュニアグランプリの舞台に立ち、最年少ながら9位と健闘!今年2年連続の出場を決めた。「ジュニアグランプリは自分にとって最も重要な大会であり、挑戦すべき場所。」将来の夢は世界一になる事!大きな夢を持つ、期待の新星がメ~テレ杯で輝きを放つ!!

メ~テレ杯ジュニアGPの詳細はこちらをご覧ください!
/figure_jg/