メ~テレトップ > 教えて!ウルフィ

メ~テレがお届けする番組やイベントの数々。その裏側のちょっとしたこぼれ話や耳寄りな情報を、メ~テレスタッフがウルフィに代わってお話ししちゃいます。
2019年01月16日[水]

出演者がスタンプ競作

 名古屋の冬の風物詩・ドラマ「名古屋行き最終列車」(月曜深夜0時25分)。7年目ですが毎回新たな試みをしています。昨年は六角精児さんの鉄道研修イベントを実施。今年はロケ地巡りのスタンプラリーを企画しました。もともと視聴者の方々から要望が多く届いていたので、ついに実現したという感じです。
 放送と連動して行くべき場所が毎週一つずつ増え、計10カ所で集めてもらう趣向です。スタンプは各話の出演者に撮影時に描いてもらいます。ここからが問題で、私がスタンプをもらいにいく係でした。若い出演者は、わいわい言いながら描いてくれましたが、大御所たちにはそもそも絵を描いてもらえるのだろうか? 心配しながら楽屋を訪ねます。
 吹越満さんの場合。「OK! 筆ペンとかある?」とめちゃ積極的。3種の絵柄を描いてくださいました。現状一番上手です。寺島進さんの場合。「わかった。最終日までに描いておく」。描いてくださるか心配になるも、監督業に邁進し、絵のことを忘れていた私。そこに最終日、寺島さんが「監督これ」とスケッチブックを渡してくれました。ご自分でわざわざ用意して描いてくれたのです。見るとそこには大きく「ラーメン」の絵。「また来年も呼んでくれよな」。にっこり笑顔で言ってくれました。呼びます!(神道俊浩監督)

 

大杉漣さんの「ラーメン編」を引き継いでもらうことになった寺島進さん

※朝日新聞名古屋本社版 2019年1月16日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

教えて!ウルフィ is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache