メ~テレトップ > 教えて!ウルフィ

メ~テレがお届けする番組やイベントの数々。その裏側のちょっとしたこぼれ話や耳寄りな情報を、メ~テレスタッフがウルフィに代わってお話ししちゃいます。
2018年11月21日[水]

「移住の夢」をドラマに

 空き家の古民家をリフォームしてカフェを開店し、のんびり豊かな時間を過ごしながら休みの日には近所で渓流釣りざんまい……。そんな夢を描いて岐阜県内を巡り、移住先=理想の物件を探すドラマ「イジューは岐阜と(ギフト)」(月曜深夜0時25分)。主人公・真琴(早見あかり)と亜紀(岡田義徳)は、その道中で多くの出会いに恵まれ、自分たちの夢と向き合っていきます。
 田舎でカフェを開いてお客さんは来てくれる? 冬の豪雪、夏の虫や草取りは大変そうだけど大丈夫? 地域のコミュニティーと関係を築けるだろうか? そもそもなぜ自分は移住したいの? 移住先を探すことは、ふたりにとって真摯に自問自答し夢の答えを見つけることでした。
 ドラマに出てくれているのは、実際に大垣市、飛驒市、中津川市、白川町に移住した方々。リアル移住者の皆さんの語る言葉や表情に、ふたりの問いへのシンプルな答えがありました。プロの俳優である早見さんと岡田さんは、エキストラの皆さんがせりふでなく自然に話せるよう質問の仕方、目線の外し方などに気を配って演じたそうです。
 訪れた先でふたりが出会うのは、移住者の方々が受け継ぐ様々な「ギフト」。ドラマを通して視聴者の皆さんにもお届けできれば幸いです。

(松岡達矢プロデューサー)

真琴(早見あかり=右)と亜紀(岡田義徳=中央)と、岐阜県大垣市に移住した木村さんが出会う場面

※朝日新聞名古屋本社版 2018年11月21日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

教えて!ウルフィ is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache