メ~テレトップ > 教えて!ウルフィ

メ~テレがお届けする番組やイベントの数々。その裏側のちょっとしたこぼれ話や耳寄りな情報を、メ~テレスタッフがウルフィに代わってお話ししちゃいます。
2018年 7月の記事
2018年07月18日[水]

球児の思いを伝えたい

「いま自分の支えになっている言葉は?」「ここぞという場面、頭に浮かぶ人は?」高校野球の取材ではこんなことを聞きます。記者から「試合内容どうだった?」「持ち球は?」という質問が出るなか、直接プレーに関わらないことを聞くのには理由があります。それは、球児一人ひとりが持つドラマに一つでも多く気づきたいから。
 先日3時間にわたって放送した『Spoken!高校野球SP』で、司会の伊集院光さんが「ミラクルを起こしたチームもあれば、その分負けたチームがいて、そこにも必ずドラマがあるんだよね」と言っていました。その通り、テレビで取り上げることができるのはほんの一部。だからこそ、VTRで伝えきれない球児の思いも持ち帰って、一言でもいいから伝えたい、そんな思いで取材しています。
 メ~テレでは高校野球の模様を総力を挙げてお伝えするため、この時期のアナウンス部は一年の中で最も忙しい「超繁忙期」。にもかかわらず、部全体が活気で満ちあふれていると感じているのは私だけではないはずです。入社2年目の私から入社23年目のベテラン佐藤裕二アナウンサーまで、アナウンス部員みんなソワソワ、ワクワクしています。100回目の夏、想像もしないような新しいドラマが生まれることを・・・。
(島津咲苗アナウンサー)

島津咲苗アナウンサー。「100回目の夏、全力でお伝えします!」

島津咲苗アナウンサー。「100回目の夏、全力でお伝えします!」

※朝日新聞名古屋本社版 2018年7月18日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

教えて!ウルフィ is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache