メ~テレトップ > 教えて!ウルフィ

メ~テレがお届けする番組やイベントの数々。その裏側のちょっとしたこぼれ話や耳寄りな情報を、メ~テレスタッフがウルフィに代わってお話ししちゃいます。
2017年 5月の記事
2017年05月17日[水]

防災特番、地元目線で

「今後30年以内に70%の確率で起きる」――。こんなことが言われて久しい南海トラフ巨大地震。大きな被害が想定される東海地方の防災をジャーナリストの池上彰さんが取材し、分かりやすく伝えてきたシリーズ「池上彰と考える!巨大自然災害から命を守れ」の第6弾が、22日夜7時から放送されます。
 実は、池上さんは大学の講義のため、毎週名古屋に来ています。名古屋で被災したら「帰宅困難者」になる可能性が高いだけに、「ひとごとではない」と話します。
 今回のテーマは、そんな池上さんもたびたび利用する「名古屋駅」。再開発で高層ビルが立ち並び、多くの人が行き交う街へと変貌(へん・ぼう)を遂げつつあるこのエリア、「実は昔は海だった」ことをご存じですか?
 巨大地震が発生したらどんなことが起き、何に困り、どう行動したらいいか。この地域に暮らす我々が抱く疑問が、番組の出発点です。
 防災の話は、とっつきにくいかもしれません。でも、ちょっとしたことでより身近になる見方が。それは「見ながらマネしてみること」。私たちの番組は「道具いらずで実践できる」「マネしたくなる」を意識して作っています。もしもの時「あの時のマネ」が命を守るヒントになれば、これ以上の喜びはありません。(ニュース情報センター・小島佑樹)

 解説する池上彰さん(左)と出演者ら

解説する池上彰さん(左)と出演者ら

※朝日新聞名古屋本社版 2017年5月17日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

 

教えて!ウルフィ is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache