メ~テレトップ > 教えて!ウルフィ

メ~テレがお届けする番組やイベントの数々。その裏側のちょっとしたこぼれ話や耳寄りな情報を、メ~テレスタッフがウルフィに代わってお話ししちゃいます。
2016年 5月の記事
2016年05月11日[水]

涙腺バス 名古屋を行く

 頭を真っ白にして泣きたい時、私はドラマ「北の国から」をみます。何度みても、幼い蛍がお母さんの乗る列車を追いかける、あのシーンで号泣。その話を同僚にすると、そんな私を笑いながらも「わかるわぁ」。
 泣いたり、笑ったり。それをそのまま楽しんでもらおうと考えたのが「涙腺バスの旅」(14日午後4時)です。感動エピソードの舞台に停留するバスに乗った芸能人たちが、途中下車しながら名古屋を巡ります。
 インターネットでは、芸能人をバッシングする記事やツイートを時々目にします。私は長い間番組制作に携わっておりますが、芸能人は、底抜けに気持ちの優しい人種です。そして、とても礼儀正しい。この番組に出演いただいた皆さんも、そう。感受性が豊かで、目を潤ませ、そしてお互いの泣き顔を見て笑う。「さあ、お涙ちょうだい!」という番組ではなく、泣いたり笑ったりの気持ちよさを感じられる仕上がりです。
 停留所は「絆を取り戻したゾウの親子前」「鳴り響いた、天国からのアラーム前」「花嫁に贈る、母から最後のプレゼント前」。仰々しい事件ではなく、日常にある心じんわりのエピソードばかりです。また、はいだしょうこさんの天才(天然)ぶりがいかんなく発揮されています。思い出してもツボにハマる……。(松岡雄浩プロデューサー)

出演する(右から) チャンカワイ、中尾明慶、はいだしょうこ、田中直樹ら

出演する(右から) チャンカワイ、中尾明慶、はいだしょうこ、田中直樹ら

※朝日新聞名古屋本社版 2016年5月11日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

教えて!ウルフィ is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache