メ~テレトップ > 教えて!ウルフィ

メ~テレがお届けする番組やイベントの数々。その裏側のちょっとしたこぼれ話や耳寄りな情報を、メ~テレスタッフがウルフィに代わってお話ししちゃいます。
2016年 1月の記事
2016年01月13日[水]

平成の白鳥麗子とは?

  日本中がバブルにわいた1980~90年代に一大ブームを巻き起こした人気コミック「白鳥麗子でございます!」(鈴木由美子作)を連続ドラマ化しました。メ~テレでは18日深夜0時20分スタートです。
 派手な容姿や高飛車な言動とは裏腹に一途に恋する「超お嬢様」が繰り広げるドタバタ劇。20年ぶりの映像化にあたり、主演の河北麻友子さんとも「平成の白鳥麗子」像について何度も話し合いました。
 河北さんは16歳までニューヨークに住んでいた生粋のお嬢様です。現地で演技レッスンに通っていたこともあり、感情を込めた芝居は完成度が高く、相手役の「BOYS AND MEN」の水野勝さんとの息のあったかけあいで、撮影も順調。ただ、この作品で真っ先に浮かぶあのセリフ「お~ほほほほ!」には苦戦しました。
 ポーズはどうする? 麗子は腕を組むのか、片手を掲げるのか。脚はモデル立ちか、仁王立ちか。
 声のトーンはどんな感じ? ニューヨークにはそんな笑い声の女性はいなかったそうで、具体的にイメージできず。参考にする人は……デヴィ夫人? まねて1オクターブ高い声で笑ってみると、せきこみ……。
 どんな白鳥麗子が出来あがったのか、ぜひご覧になって下さい。(松岡達矢監督)

主演の河北麻友子さん、筆者、相手役の水野勝さん(右から)

主演の河北麻友子さん、筆者、相手役の水野勝さん(右から)

※朝日新聞名古屋本社版 2016年1月13日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

教えて!ウルフィ is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache