メ~テレトップ > 教えて!ウルフィ

メ~テレがお届けする番組やイベントの数々。その裏側のちょっとしたこぼれ話や耳寄りな情報を、メ~テレスタッフがウルフィに代わってお話ししちゃいます。
2014年 9月の記事
2014年09月03日[水]

キャスティングに自信

「武士が愛したごはん」を巡る特番「武士ごはんランキング 江戸VS京都」(9月7日午後1時55分)。
全国ネットということで、「遠山の金さん」「桃太郎侍」……日本人のDNAに刷り込まれている「時代劇の英雄」高橋英樹さんに出演の依頼をしました。武士を演じなれている方が驚いたり、おいしいとおっしゃったりする姿を大勢の方にみていただきたいと思ったのです。
このキャスティング、大正解でした。英樹さんは、東京のみならず全国各地を時間さえあれば歴史をひもときながら歩き回るという、大の歴史好き。番組中はもちろん、撮影の合間にも笑いを交えてそのエピソードを披露してくださいました。仕事でご一緒するのは初めてで、緊張していたのですが、「とことん気さくで親しみの持てる方」でした。
一方、共演した娘の真麻さんは、桜田門外の変について英樹さんに説明を求めるも、熱を帯びる父の話に飽きたのか、説明途中でどこかへ行ってしまう奔放さ(笑)。この番組、和食・旅・大河ロマンといった要素に加え「人気芸能人の意外な素顔」ものぞける良さがあります。
私自身もそうなのですが「歴史にあまり詳しくないから…」という方こそ、むしろ楽しめる番組です。肩の力を抜いてご覧いただければと思います。
(松岡雄浩プロデューサー)

江戸(東京)を歩く高橋英樹(中央)、高橋真麻(右)、山崎弘也

 

「※朝日新聞名古屋本社版 2014年9月3日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。」

2014年09月03日[水]

地域に飛び込む

  今年で3回目となる「メ~テレサマーフェスティバルinセントレア」が21日まで、中部空港4階のイベントプラザで開かれています。
 今年は初めて、羊の皮を脱いだメ~テレのキャラクター「ウルフィ」が、日替わりで東海3県のご当地キャラクターとタッグを組み、地元のPRブースやステージを応援する形をとりました。
初日のステージでは、愛知県岡崎市のグレート家康公「葵」武将隊、オカザえもんと競演。武将隊の「堪忍をどり」の動きについていけないウルフィに、子どもたちからは「ウルフィ、がんばれ!」の声も飛び、大いに盛り上がりました。
 テレビ局は新聞社と違って、地域にきめ細かい取材拠点はありません。地域がいま抱えている課題をどう解決し、何を発信しようとしているのか、情報収集のアンテナが届きにくい面は否めません。
 とはいえ、こうしたイベントや地域の祭りなどでも連携を深めていけば、地域貢献という公共放送の役割もより果たせるはずです。自治体の観光担当者からは「テレビの影響力は大きい。ぜひ協力してほしい」との要望も多く聞きました。
ウルフィの堪忍をどりを舞台袖で見ながら、地域にもっと飛びこばねば、と思いを新たにしました。
(ビジネスデザイン部・阿部英明)

ステージでオカザえもんらと勝どきを上げるウルフィ(右から2番目)=1日、愛知県常滑市の中部空港

 「※朝日新聞名古屋本社版 2014年8月13日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

 

 

 

教えて!ウルフィ is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache