メ~テレトップ > 教えて!ウルフィ

メ~テレがお届けする番組やイベントの数々。その裏側のちょっとしたこぼれ話や耳寄りな情報を、メ~テレスタッフがウルフィに代わってお話ししちゃいます。
2014年 4月の記事
2014年04月25日[金]

ザキロバ!がお引っ越し

 3年間深夜に放送してきたバラエティー「ザキロバ!~アシュラのススメ」が今春、土曜の夕方に進出し、放送時間も30分から1時間に拡大となりました。番組名も「名古屋ほじくりバラエティ~ザキロバ○○(仮)」に変わります。
 (仮)がついているのは9月までは月1の放送で、10月からの週1レギュラーに向けて様々なチャレンジをしていく予定だからです。東海3県のヒト・街・モノを〝ほじくり〟(※「いじる」と同じ意味)その魅力を最大限に引き出していきます。
 MCは引き続き、「ザキヤマ」ことアンタッチャブルの山崎弘也さんとロバートです。
 「日本一のテキトー男」とも称されるザキヤマさんですが、実は大の子ども好き。撮影を見に来た子どもたちと球遊びに興じたこともありました。また、ロバートの秋山さんは銭湯や喫茶店が好きだったり、馬場さんはぬか床を持っているぐらい料理に研究熱心だったり、博さんはプライベートでひとり史跡巡りするほど歴史好きだったり……。
 皆、東海3県出身ではありませんが、縁あってメ~テレとは5年以上のお付き合い。番組では、ほかでは見せない彼らの「素」の部分を表現していけたらと思います。初回は、26日(土)午後3時55 分。お楽しみに!(恒川潤プロデューサー)

 

MCを務める、アンタッチャブル・山崎弘也とロバート

※朝日新聞名古屋本社版 2014年4月23日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

2014年04月21日[月]

生活逆転?新キャスター

夕方のニュース情報番組「UP!」(月~金曜午後6時15分)にこの春、鈴木しおりアナウンサーが新たに加わりました。
 「夕方の顔」となった鈴木アナですが、3月までは6年半、朝の情報番組「ドデスカ!」(月~金曜朝6時、土曜同6時半)を担当していました。その頃は夜8時には寝て、翌朝2時すぎ(朝というより深夜ですが…)に起きて出社し、声だし・新聞チェック・メークを済ませて本番。その後は仮眠せずに打ち合わせやロケに飛び回る日々でした。
 夕方の番組となると生活が逆転するので慣れるまでは大変だと思いますが、朝の番組での経験をいかして、明るくさわやかにリポートや企画を届けてくれると思います。
 でも、実はもっと大変なのが「UP!」と「ドデスカ!」両方に出演している気象予報士の山田修作さんです。朝4時過ぎに起きて出社し、朝夕の本番を仮眠をはさみつつこなして夜の8時ごろ帰宅――。聞くだけでも大変そうですが、なんと朝の本番終了後、10時ごろから30分のランニングを日課とされているんです。驚きですよね。
 そんな2人のかけあいが楽しい視聴者参加型のクイズ「お天気3択」。鈴木アナの正解率も参考にしつつ、楽しんでいただけたらと思います。 (田島充貴プロデューサー)

新たな夕方の顔・鈴木しおりアナウンサー(右)と星恭博アナウンサー

 ※朝日新聞名古屋本社版 2014年4月16日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

2014年04月11日[金]

地元のステキ、再発見

 朝の情報番組「ドデスカ!」(月~金曜午前6時、土曜午前6時半)が、地域をより応援する態勢に変わりました。
 一番の注目コーナーは、「熱血!照英先生」(6時56分ごろ)。タレントの照英さんが東海3県125市町村の食べ物、スポット、人……。魅力を毎日お伝えします。紹介は50音順。愛知県愛西市に始まり、最後はいったいどこの市町村になるのか? 考えてみてください。
 撮影中、どんなことにも驚いてくれる照英さん。初回の愛西市では特産品レンコンに大感動!? 素晴らしい形、味を褒めまくるコメントは、地元に住む方なら朝からなんだかうれしくなるんじゃないかと思います。今まで気づかなかった地元のステキをぜひ再発見してください。
 このほか、曜日ごとにかわる「ドデスペ!」(7時20分ごろ)にも注目。東海地方のグルメなど最新トレンドランキングを紹介する「大名古屋ランキング」(木曜)、各界の達人に教えを請う「達人直伝!」(月曜)、視聴者の皆さんの疑問を徹底調査する「全力リサーチ」(水曜)など、朝の食卓で家族が楽しめるコーナーを用意しました。
 新たに徳重杏奈アナウンサーも加わり、東海地方の朝をより元気に明るくします。(佐藤辰美プロデューサー)

東海地方を応援する新コーナー「熱血!照英先生」を担当する照英

 ※朝日新聞名古屋本社版 2014年4月9日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

2014年04月03日[木]

鉄道ネタ満載ドラマ

 4月7日からメ~テレ制作の連続ドラマ「鉄子の育て方」(月曜深夜0時20分)が始まります。タイトルにあるように鉄道がモチーフ。主人公は、華の局アナを目指すも採用試験に落ち続けた二郷あずさ(元ネタはあの「あずさ2号」)。彼女が唯一合格できたのはケーブル局の看板鉄道番組のリポーター。ただ、取材相手が鉄道オタクで、鉄道になんの知識もないあずさは失敗ばかり。
 主役はモデル、女優で活躍する小林涼子さん。ライバルの局アナ役は安田美沙子さん。主人公の勤めるケーブルテレビ社長役に鉄道好きで知られる六角精児さん。「BOYS AND MEN」の水野勝さんも出演。物語では、全国の駅の乗り降りを目指す「乗り鉄」や、列車音やアナウンスに詳しい「音鉄」など、実在する鉄道オタクたちをモデルに様々な鉄道ネタを織り込みました。
 三重では、日本で数少ないナローゲージという幅の狭い線路を使う三岐鉄道で撮影。車両幅も小さく、ロングシートに座り足を伸ばすと前の座席に届きそうなほどです。撮影を進めるうちに出演者やスタッフの中で「鉄オタ」になっていく人も。ロケ中なのに電車に乗るだけで笑みがでたり写真を撮ったり。現場の雰囲気さながら温かくほっこりして、そしてくせになっちゃうドラマです。(濱千代治彦チーフプロデューサー)

 

(右から)六角精児さん、小林涼子さん、安田美沙子さん

※朝日新聞名古屋本社版 2014年4月2日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

 

教えて!ウルフィ is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache