メ~テレトップ > 教えて!ウルフィ

メ~テレがお届けする番組やイベントの数々。その裏側のちょっとしたこぼれ話や耳寄りな情報を、メ~テレスタッフがウルフィに代わってお話ししちゃいます。
2014年 1月 29日の記事
2014年01月29日[水]

心強いバックアップ

 今週月曜から深夜に放送されている「名古屋行き最終列車」は、メ~テレが制作した地域密着型鉄道ドラマである。日頃様々な人々が利用している鉄道、その駅や車両内で起こる人間ドラマを時にコミカルに、時にシリアスに描くことによって、日常生活の悲喜交々を浮き彫りにしようと試みている意欲作だ。2012年暮れに放送した第一弾に引き続き、今年の作品にも僕は鉄道会社の社員の役で出演させてもらったのだが、元来、鉄道ファンである僕にとってこの仕事は、まさに趣味と実益を兼ね備えた非常にありがたいものであり、撮影期間中は大変充実した楽しい毎日を過ごさせて頂いた。
 それにしても、この鉄道ドラマを作るにあたっての名古屋鉄道の全面的バックアップは、本当に心強いものだった。走行車両内での撮影のための臨時列車の手配。車両基地内での収録への配慮。その他、ロケにおける名古屋鉄道の社員さんの積極的な協力姿勢に、僕は感心を通り越して感動すら覚えた。そして、場所と場所とを結ぶ鉄道は同時に人と人を、「人間の思い」を結ぶ役目を担っているということを、今回のドラマを通して僕は改めて認識したのであった。このドラマが今夜もメ~テレを発車して無事に視聴者の心に到着することが出来れば幸いである。(六角精児)

30日放送分で主演を努める六角精児。名鉄の車内での場面

 ※朝日新聞名古屋本社版 2014年1月29日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

 

 

 

教えて!ウルフィ is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache