メ~テレトップ > 教えて!ウルフィ

メ~テレがお届けする番組やイベントの数々。その裏側のちょっとしたこぼれ話や耳寄りな情報を、メ~テレスタッフがウルフィに代わってお話ししちゃいます。
2013年 11月の記事
2013年11月27日[水]

氷ないリンクで楽しんで

家族や友達、カップルで楽しめるスケートリンク

 氷じゃないスケートリンクが16日、名古屋・栄の「オアシス21 銀河の広場」にオープンしました。氷を使用していないため、転んでもぬれずに気軽に体験できます。12月10日深夜0時55分放送の「BOMBER―E」のロケで、タレントのIMALUさん、モデルの舟山久美子さん、シンガー・ソングライターの沢井美空さんも体験。リンク上での女子会を満喫していました。今回はリンクの楽しみ方を紹介します。
 ①家族で楽しむ。靴のサイズは16~30㌢までそろえているので、子どもから大人まで一緒に楽しむことができます。大型の遊具も隣接されています。
 ②恋人と楽しむ。夜はロマンチックなムード。昨年はリンクでプロポーズした方もいました。今年はイルミネーションの電球数を1万6千個から2万5千個に増やし、より華やかな雰囲気のもとで滑ることができます。12月20日までの水、木、金曜日の夜は、女性DJがリンク内に登場。DJがセレクトする音楽を聞きながら、ロマンチックなムードに浸ってください。
 ③友達同士で楽しむ。料金は中学生以上が千円、小学生以下は500円。平日は学生3人以上で半額、金曜は女性が半額となっています。期間は来年2月23日までです。(安藤全史・事業部)

 ※朝日新聞名古屋本社版 2013年11月27日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

2013年11月21日[木]

落合GM体制に期待

 ドラゴンズが12年ぶりのBクラスに終わったプロ野球ペナントレース。覇権奪還へ向け、谷繁元信選手が兼任監督、落合博満・元監督が球団史上初のゼネラルマネジャー(GM)に就任し、チーム改革を託された。落合GMの契約更改は成績が悪かった者には容赦なしの減俸続出となった。去年と比べて選手の年俸総額はすでに7億円以上もカット。一見、非情とも思える落合GMの改革だが、不服とし保留した選手は新体制の中では誰一人いない。一体なぜなのか?
 「Spoken!」の司会を務める伊集院光が、秋季キャンプの行われているナゴヤ球場で選手を直撃。吉見一起、浅尾拓也、大島洋平の主力3選手に話を聞くことができた。単刀直入に落合GMの契約更改の話を振ると、渋い顔をするどころか、「成績が悪かったのでしかたがない」と意外にもあっさり。逆に「チームにとって必要不可欠」と言ってくれた落合GMの言葉が選手たちをやる気にさせていたように感じた。この模様は24日深夜1時10分放送。
 秋季キャンプでは若手からベテランまでオフシーズンとは思えないほど自らを追い込み、日が暮れるまで練習している。落合GMの狙いなのかはわからないが、来シーズンのドラゴンズがどうなるか楽しみだ。(日比野充プロデューサー)

浅尾拓也選手(右)に話を聞く伊集院光

※朝日新聞名古屋本社版 2013年11月20日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。 

2013年11月14日[木]

芸能4人衆の裏側

 月~土曜の午前に放送中の「ドデスカ!」では平日、芸能リポーターらが日替わりで登場。彼、彼女らの裏側をちょっとだけ紹介します。
 月曜、金曜担当の松本佳子さんはフリーの芸能記者。「加藤茶 年の差婚」など数々のスクープを連発。日頃、深夜の張り込みや潜入など地道な取材をしています。そのせいか(?)食欲旺盛。番組が終わり、メ~テレの食堂で調理の人に一言。「なんかサービスで出してよ」。すると翌週から朝食セットを注文すると、松本さんのためにメニューにない「朝カレー」が付いてきました。
 火曜は「女性自身」の坂野敬人さん。サーフィンをこよなく愛するイケメン記者。ちゃらい(?)感じの見た目ですが、家族思いの3児のパパなんです。水曜は山田美保子さん。芸能リポーターではなく、放送作家が本業です。明石家さんまさん司会の某番組の構成を手がけるなど業界では超有名。芸能界の裏側を知り尽くす「芸能通」で、番組の良きアドバイザーでもあります。
 最後は木曜の中島亨兵さん。テレビ朝日の芸能デスクで会見現場などを仕切っています。見た目は〝こわもて〟ですが、実は甘いモノ好き。番組の打ち合わせでは女性スタッフとスイーツを堪能してます。個性あふれる芸能4人衆を、お楽しみに。(佐藤辰美プロデューサー)

木曜担当の中島亨兵さん(左)と芸能担当の竹田基起アナ

 ※朝日新聞名古屋本社版 2013年11月13日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。 

2013年11月07日[木]

第二弾制作します

 SKE48の松井玲奈です。昨年もこのコーナーで紹介しました、私も出演した「名古屋行き最終列車」が、海外に通用する優れたドラマを表彰する「東京ドラマアウォード」でローカルドラマ賞に輝きました。
 海外に日本のドラマを紹介する国際ドラマフェスティバルのメーンイベント。なので私ひょっとしたら、今後ハリウッドからお声を掛けて頂けるかもしれません。ちなみにグランプリは「あまちゃん」。主演女優賞は能年玲奈さん。同じ玲奈なのでうれしいです。ということで(笑)、「名古屋行き最終列車」第二弾を制作します!
 私も再び出演させて頂きます。我が本拠地の名古屋で朝から夜までロケしまくりの日々がやってきます。名鉄にも乗りまくりです。実際でも物語内でも鉄道好きな私なので、今からワクワクです。1年前からちょっと進歩した(?)私を見てもらえるよう頑張るのみです。
 メ~テレのスタッフさんも全員去年と同じメンバーが集結するそうです。さらにチームワークが高まったすてきなドラマになると思います。詳しい放送日時や内容はまだ発表できませんが、私の相棒、六角精児さんも、もちろん出演します。ではでは、ロケで見かけたら温かく見守って下さるようお願いします。(松井玲奈=SKE48)

 

昨年12月放送のドラマ「名古屋行き最終列車」から

※朝日新聞名古屋本社版 2013年11月6日掲載 / メ~テレ・朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。 

 

教えて!ウルフィ is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache