アナウンサールーム


TOPICS

メ~テレアナウンス部からのミミヨリ情報が満載!

まだ夏は終わらない… 映画「君が踊る、夏」

2010/09/07
担当: 加藤 歩

益々勢いが増す3人の役者さん

これから益々勢いが増す3人の役者さんに
お話を伺いました。

まず、東海地方の私たちにとって
声を大にして応援していきたいのが、
子役の「大森絢音ちゃん」。
とにかくチャーミングで
場を和ませる才能はピカいち!なんです。

映画の舞台は、高知県のよさこい祭り。
「命と引き換えにしてもこの夏、よさこいを踊りたい」という
難病の少女の実話を織り交ぜた
「愛」「友情」「勇気」「希望」の物語です。

そして、劇中では東方神起がこの映画のために
書き下ろした新曲もながれ、涙と感動を誘います。
ちなみに、2回試写をして2回とも号泣でした。

さて、大森絢音ちゃんですが…
何しろ実在する難病の少女を演じるということで
実際にその少女にもお会いしたそうです。
少女は病気だと分からないくらい明るく元気で
いつも、「笑顔」をみせていたそうで、
絢音ちゃんも、
「悲しい笑顔」や「嬉しい笑顔」、女優さんとしての
様々な「顔」を作品の中で見せてくれています。

そんな絢音ちゃんも、素に近い状態のインタビュー中は
等身大の小学5年生らしく、
共演の溝端淳平さんと仲良くじゃれあっているのが
印象的でした。

現在も豊橋市在住の絢音ちゃん。
仮に名古屋で溝端さんとデートするなら
「東山動植物園」を案内したい…と照れながら
女性としての一面も覗かせていましたよ。

鳴子踊りの息をメンバーで合わせるのは
とても大変だったと語る、木南晴夏さん。
今注目の演技力抜群の女優さんです。
彼女の一挙手一投足に目が離せません。

溝端淳平さんのイケメンぶりは
いわずもがな。
この映画にかける情熱は並大抵のものではなく
「この現場を経験して成長できたと思う」と語るほど。
まさに、(撮影は昨年の夏でしたが)
忘れられない「夏」になったようです。

「どですか×どまつり2010」にも
ゲスト出演したくれた
香月秀之監督と大森絢音ちゃん。
劇中でも、どまつりで演舞する参加者のみなさんも
心と身体が一体となって踊る姿に
感動させられます。

絆、友との約束、夢…
色んな大事なものを思い出させてくれる
映画「君が踊る、夏」は
9月11日(土)
全国ロードショーです。


BACK NUMBER