メ~テレトップアナウンサールーム > 徳重 杏奈

アナウンサールーム


杏奈のあんなコト♡こんなコト毎日が刺激いっぱいで、どんどん好きになっていく名古屋。 新しい地で、ゼロからのスタートを切る、 徳重杏奈の『あんなこと』や『こんなこと』を綴ります。

郡上に恋した23の夏

2011/08/24

もうゾッコンです。
こんなにも魅了されるとは思いませんでした。

何を持っているかは、後程~♪♪

先日、郡上八幡の郡上まつりで踊り明かしてきました。
今回は、その旅のご報告です。

郡上に到着して、まず郡上おどりの講習を受けた私。
そう、徹夜おどりを満喫するためです。
全10曲中、教わったのは「春駒」「さわぎ」「三百」「猫の子」の4曲。
ちなみに、この日の課題曲は、
手綱を引いているような動きが特徴で郡上マンボの別名を持つ「春駒」と
手首を折り曲げて子猫の真似をして踊る「猫の子」でした。
課題曲の演奏が始まると、踊り子は思い思いに踊ります。
そこで、運良く郡上おどり保存会の方の目に留まると、免許状を貰えるのです。
免許状の枚数はかなり少ないとか…。

振りはすぐに覚えられましたが、
初心者の私は一生懸命のあまり、つい力んでしまいます。
しかし、なんと言ったって“徹夜”おどり!
力を抜いて軽やかに踊ることが大切ですね。

浴衣は郡上でレンタルするつもりが、昼過ぎには予約でいっぱい。
計画の甘さを反省しました。
講習会後、「浴衣ではありませんが、楽しんで踊るのでよろしくお願いします!」と
先生方へ猛アピールしました。
すると、それを聞いていた郡上八幡観光協会の方々が
なんとご好意で浴衣を貸して下さったのです(涙)

浴衣を着付けていただき準備万端!
いよいよ徹夜おどりの始まりです。
十字路を中心に四方へ伸びる道までもが会場になります。
知らない曲が流れると、前後や向かいの方をお手本にしました。
ある程度慣れ始めてノリノリで踊っていると、
気付けば自分が他の人の手本となっているなんてこともありました。
そして22時、課題曲「春駒」が流れます。

ででーん!いただきました、免許状!
踊っていると、1枚目の写真に載っている札が手渡され、
これで免許状に引き換えてもらいます。

休憩を挟みながら、計7時間踊りました。
名古屋に着いた頃には足や股関節はガチガチ。
ですが、私はもう郡上まつりの虜です。

おそらく郡上ご出身の方だと思いますが、
私と同世代や小・中・高校生が
全ての曲を掛け声付きで軽快に踊っている姿を見て、
生まれ育った町に誇れる祭りがあることが羨ましくて仕方ありませんでした。

郡上の魅力はお祭りだけではありませんよ!!

私は郡上人ではありませんが、
来年は掛け声付きで、もっともっと下駄の音を響かせて踊りに来ます。
郡上で出会った全ての方に感謝です。