メ~テレトップアナウンサールーム > 徳重 杏奈

アナウンサールーム


杏奈のあんなコト♡こんなコト毎日が刺激いっぱいで、どんどん好きになっていく名古屋。 新しい地で、ゼロからのスタートを切る、 徳重杏奈の『あんなこと』や『こんなこと』を綴ります。

好きすぎて

2017/08/16

ことしは母と。雨に打たれてオールバックです(笑)帯に潜むのは郡上八幡のキャラクター「GJ8マン」

ことしは母と。雨に打たれてオールバックです(笑) 帯に潜むのは郡上八幡のキャラクター「GJ8マン」

今年も行ってきました、“郡上おどり”

入社一年目の時、
一人でふらりと訪れたわたしを
郡上の方々は、それはそれは温かく迎えてくださいました。
2011年8月24日のブログ

それ以来、すっかり郡上の虜になった私。
29の今も恋し続けています。

郡上八幡の皆さんと♪

郡上八幡の皆さんと♪

6年が経った今も、
郡上の方々には「あんなちゃん」と呼んでいただき、
「ひとりで来て、徹夜で踊るって言うからびっくりした~!」と
当時を懐かしがってもらえます。

縁もゆかりもなかった東海地方に
思い出話に花を咲かせられる出会いがあったことが心の底から嬉しいです。

ちなみに、プライベートで訪れた2日後、「でらトレンディ」のロケでも郡上へ行ってきました。
17日(木)の「ドデスカ!」で放送予定です。
わたしの“郡上愛”が溢れすぎているかもしれません。


飛びました!

2017/07/17

これでも全力で仕事中です♪

これでも全力で仕事中です♪

快晴の空に舞いたかったですが、
この日は雲を背景にジャンプ。

大好評(?)奈都子さんとわたしの
でらトレンディ女子2人旅のロケで滋賀に行ってきました。

スイーツ尽くしの夢と癒しの空間に、いま大人気の絶景スポットなど、
滋賀にも魅力的な場所がたくさんありました。

そんな絶景を前に、わたしたちも思わず大ジャンプ!

AD青木ちゃんも♪

AD青木ちゃんも♪

旅をすると、自分の小ささを知ることができ、心は大きくなります。
奈都子さんとの旅ロケ、また行けますように!
7月20日(木)の「ドデスカ!」で放送予定です。


ひさしぶりの家族旅

2017/06/15

姉とバラのジェラート♪

姉とバラのジェラート♪

花好きの父のたっての希望で
岐阜県可児市の花フェスタ記念公園へ。
バラの香りをより楽しめるよう、
早起きをして行ってきました。

さすが世界最大級のバラ園。
一日では足りないくらいバラに溢れていました。

色や香りはもちろん、名前まで楽しめるバラ。
ちなみに、わたしのお気に入りは「ワット ア ピーチ」。
p002


ケーキになりました!

2017/05/17

p001

ドデスカ!」金曜日の特集「ニッポンど真ん中遺産」でご紹介した
岡崎市のスゴ腕ケーキ職人の冨田さんに
世界にひとつだけのケーキを作っていただきました。

p002

もこもことした毛皮まで再現されたウルフィケーキ。
手前に並ぶマカロンには、
金曜日コメンテーターの皆さんに、修作さん、
そして、わたしたちアナウンサーの顔が。
これがケーキだなんて、驚きです。
ドデスカ!」のスタッフルームでは
「どのマカロンを食べたいか」などと盛り上がっていますが、
目にした誰もが笑顔になっています。

誰かを祝福したり、誰かへ感謝の気持ちを伝えたり、
誰かを喜ばせたいという思いに寄り添うお仕事。
冨田さんの温かい心に触れ、
金曜日の朝からなんとも言えない気持ちになりました。

富田さんのお店の情報はコチラ


春からも「ドデスカ!」

2017/04/13

ドデスカ!」のポスターが新しくなりました!

p001

左・徳重バージョン、右・奈都子さんバージョンの2種類。
わたしたちの生活の一コマがInstagram調になってきます。
(こんなにオシャレな朝食をとっているかは秘密です。)

ドデスカ!」はこれからも女性目線を大切に、お伝えします。

奈都子さんのお天気や新コーナー「サキドリBRAND NEW」
私が担当しています「でらトレンディ」に「徳ダネ」
金沢歩アナウンサーの「女子ハピ」も
女性がハッピーになること間違いなしの情報が盛りだくさんです♪

ちなみに、「ドデスカ!」メインMCの裕二さん
このポスターに見とれているところを結構見かけます(笑)


新たな出会い♪

2017/03/15

p001

「でらトレンディ」のロケで“可愛い子”に会いました。
SNSや写真集でも話題。
とげとげボディなのに顔はとっても愛らしいハリネズミです。

ロケの内容とはほとんど…というか全く関係なかったのですが、
あまりの可愛さに、
ドデスカ!」スタッフの隙を見て触らせていただきました(笑)

時間の関係で5分ほどしか触れ合えなかったですが、
わたしにとっては、まるで丸一日ふかふかのベッドで休んだくらいのヒーリング効果がありました。

他にも色々な動物と触れ合えるスポットに、スイーツのテーマパークなど、
「でらトレンディ!浜松おでかけスポット」は16日(木)放送予定です。

p002


わたしの同期

2017/02/14

p001

2011年にメ~テレに入社した同期です。
みんなあのときより大人びました(笑)

たった5人で少ない気もしますが、
みんな個性が強く、それぞれの世界を持ち、どこかズレていて
この人数だからこそ結束してやってこられたように思います。

不安しかない新入社員の頃は
社内で同期の姿が見えるだけで安心していました。
歩やわたしが初めてニュースを伝える“初鳴き”のときも
夜遅くにもかかわらずスタジオの外でこっそり見守ってくれました。

その一人がメ~テレを卒業することになりました。
「寂しい」という言葉以外思いつかず
今も気を抜くと泣きそうですが、
この5人を結び付けてくれた縁に感謝です!
同期ってなんでこんなにいいんだろう!!


“伝わる”ダンス

2017/01/17

大成功に終わった、
関ジャニ∞×ドデスカ!コラボ企画。
前回協力してくれた松阪市のキッズダンススクールAMIYのみんなもそうでしたが、今回も頑張り屋さんで、ダンスが大好きなキッズでした。

今回協力してくれたSTAR CHEERのみなさん

今回協力してくれたSTAR CHEERのみなさん

STAR CHEERは
全米1位に輝いた経験があるチームもいる名古屋市のチアダンススクール。

ナゴヤドームのステージでは期待通り、
キレキレのダンスをとびきりの笑顔で踊ってくれました。
ただ、すごいのはそれだけではありません。

いざ本番というとき、
先生から子どもたちに掛けられた言葉は
「思いっ切りね」「楽しんで踊っておいで」などではなく、
「自分たちだけが楽しくてもだめ。観ている人に“伝わる”ダンスを」

さすが世界レベルのチームです。
壮大な課題に挑むSTAR CHEERのみんなを前に
私たち「ドデスカ!」スタッフも背筋が伸びる思いでした。
と同時に、キッズダンサーを子ども扱いせず、
対等な立場として指導する先生の愛も感じました。

STAR CHEERのステージ上でのパフォーマンスはもちろんですが
個人的には楽屋での追い込み、そして日頃からの練習に拍手を送りたいです。

改めて、関ジャニ∞の皆さん、
温かく見守ってくださった関ジャニ∞のファンの皆様、ありがとうございました。


わたしのお気に入り♪

2016/12/12

p001

ケーキ屋さんに行ったとき、皆さんはまず何を食べますか?
わたしは断然、ショートケーキです。
定番のショートケーキこそ
お店が一番気合いを入れているもの、
ショートケーキを食べればお店の味が分かると信じているからです。

以前、アルバイトをしていた、
洋菓子店「アンリ・シャルパンティエ」に久しぶりに行ってきました。
今回ももちろんショートケーキ。
ふわふわのスポンジに、軽めで口どけの良い生クリームがたまりません。

悲しいことに、年々、食べた分だけ太る体になっていますが、
ここのショートケーキが待っていてくれるのなら
「運動するぞ!」「健康でいるぞ!」と思えます。

ちなみに、
麻耶ちゃんも別の店舗でアルバイトをしていたという、アンリ仲間♪
麻耶ちゃんのおすすめは「ダブルチーズケーキ」だそうです。

p002


「入籍しました」風の写真ですが、違います。

2016/11/16

p001

ここ最近、映画のインタビューで
デルサタ」担当の濱田隼アナと一緒になる機会が多くなりました。
同じ現場にアナウンサーが2人というのは緊張しますが、
客観視することで勉強にもなります。
この日は映画「土竜の唄 香港狂騒曲」主演の生田斗真さんのインタビュー。

わたし自身、まだ数えられるほどしかインタビュー経験がありませんが、
とにかく“イマジネーションを大切に”インタビューをしています。
出演者の皆さんからはどうしても面白い話を引き出したいため
ときには無茶な質問を投げかけてしまうこともありますが、
「自分だったらこの質問に対してどう答えるか」を考え、
相手が答えづらくない質問をするよう心掛けています。

濱田アナにも聞いたところ、
出演者の方の素の表情を引き出せるよう
「一回は爆笑の時間があるように」を心掛けていると話していました。
(爆笑が起こらないこともあるそうですが・・・笑)
きょうの生田さんのインタビューでは部屋中に笑い声が響いていました♪
このインタビューの模様は「デルサタ」「ドデスカ!」ともに来月放送予定です。
詳しい日程はまたTwitterで告知します。

誰がどう聞くかによって全く違う話を伺えるインタビュー。
まだまだ「難しい」という気持ちが先行していますが、
やりがいも感じるきょうこの頃です。