メ~テレトップアナウンサールーム > 鈴木 しおり

アナウンサールーム


四季の栞日本に住むということは、四季を生きるということ。 新緑の草木が美しい夏に、銀白の世界に包まれる冬。 カラフルな花のつぼみが目覚める春に、木々が眠りにつくため茶色に染まる秋。 そんな四季がある日本に生まれたことがとても幸せです。 四季の移ろいを感じながら毎日を過ごしていますか? 何をせずとも季節は巡っていきます。 忘れたくないこともある。過ぎて欲しくない時もある。 そんな日常に栞を挟むように、日々の暮らしを大切に忘れないでいたいという気持ちから綴る、四季の栞です。

バスケ部発足の兆し

2016/02/01

最後の大会(だったはず)の集合写真。ゆかいな仲間たち!右下、9番が私です。

最後の大会(だったはず)の集合写真。ゆかいな仲間たち!右下、9番が私です。

当時一斉を風靡した少年漫画に憧れて
バスケットボール部の門を叩いたのが、高校1年生の時。
小・中学校と吹奏楽部で、球技の経験が無かった私は、マネージャーとして入部しました。
部員のお茶を用意したり
コップを洗ったり
ルールとスコアの勉強をしながら
みんなのプレーを間近で観戦するうちに
体が自然とウズウズ・・。
私も、全力で走って、汗をかいて、
華麗にシュートを決めたい・・!
入部して1ヶ月足らずで、プレイヤーへの転向を申し出ました。
初心者、かつ、途中入部で
ドリブルもパスもままならなかったけれど
ボールの感触、キュッキュというバッシュの音、
スパッとシュートが決まった時の快感。
すぐにバスケが大好きになって、
3年間、女子バスケ部員として青春を謳歌しました。
練習はとってもキツかったし
先生も怖かったけれど(今は仲良しです。笑)
最高の仲間にも恵まれて
高校入学の時にバスケ部を選んで、本当に良かったと思っています。

大学でもバスケットボールサークルで
ちょくちょくバスケをしていた私。
社会人になって、バスケがしたくてしょうがなくなることがあっても
なかなか機会に恵まれない・・。
体育館を個人で借りるのは大変だし
アメリカみたいにあちらこちらにバスケットゴールがあるわけじゃない・・。

試合、楽しいけど、体力が・・!ぜぇぜぇになりました。

試合、楽しいけど、体力が・・!ぜぇぜぇになりました。

そんな折、
会社でもってこいのお誘いがあったのです!

「メ~テレバスケ部(仮)」!
メ~テレには、野球部に、サッカー部に、テニス部に、ランニング部などなど
様々な部活がありますが、
その中にバスケ部が無いこと、とっても残念に感じていました。
でもこの度、発足の兆しなのです!
先日、バスケ経験者を中心に、近くの中学校でバスケを楽しみました。
久しぶりに触ったバスケットボールの感触。
ドンドンと胸に響くボールの音。
懐かしくて嬉しくて、
青春を思い出すような感覚でした。
シュートも2本決まったし、
心からリフレッシュになりました!
まだまだお試しのようでしたが
これから本格的な活動になって行くと良いなぁ。