メ~テレトップアナウンサールーム > 金沢 歩

アナウンサールーム


あゆみより一歩、また一歩と、皆さんに『歩み寄り』ながら、毎日を過ごしたいです! そして、一歩でもいいから、日々前進! 毎日、必ず「なにかが」「どこかが」成長していますように・・・。

馬の気持ち

2016/12/05

11月のある日。
笠松競馬場へロケに行きました。
中京競馬場は行ったことがありましたが笠松は初でした。

前日は一通りロケに関することを調べ終え、
名馬・オグリキャップの勉強をしました。
笠松競馬場が生んだこのスターを知らないままに足を踏み入れては
なんだかバチがあたるような(リポートでたくさん失敗しそうな)気がしたからです。

たちまち芦毛の怪物のとりこになった私。
銅像の写真だけは撮って帰ろうと誓いました。

無事撮れました♪

無事撮れました♪

このロケに際し、競馬好きのある人の言葉が心に残りました。

「馬が喋れないからいいんだよね」

その人曰く
「ケガを乗り越え、悲願の初勝利!」「親も成し遂げられなかった念願の連覇!」
などの言葉はあくまで人間が勝手につくったドラマであるのに
走っている馬を見ると本当に悲願や念願であるかのように見えてくる。
これが不思議で、たまらなく感動するのだとか。

なるほど。
馬にインタビューは出来ないけれど
だからこそいろんな感動が生まれるのか・・・。確かに面白いかも。
と、感心してしまいました。

そして、そんな人間のつくったドラマなんてつゆ知らず、
膠着していたり、なかなかゲートインしたがらなかったりする馬の姿を見ていると、
とても愛おしくもなりました。

天高く馬肥ゆる秋

天高く馬肥ゆる秋