メ~テレトップアナウンサールーム > 金沢 歩

アナウンサールーム


あゆみより一歩、また一歩と、皆さんに『歩み寄り』ながら、毎日を過ごしたいです! そして、一歩でもいいから、日々前進! 毎日、必ず「なにかが」「どこかが」成長していますように・・・。

親心

2017/08/04

今年もドデスカ!で「めざせ!甲子園」のコーナーを担当させてもらいました。

取材現場には「高校野球はメ~テレ」という通り、
多くのアナウンサーが球場にいます。

「甲子園への道」担当の望木アナと取材! 私は勝手に「ボブヘアコンビ」と呼んでいます

「甲子園への道」担当の望木アナと取材!
私は勝手に「ボブヘアコンビ」と呼んでいます

 

 

たくましい男性アナ達の背中。  左から上坂アナ、堂野アナ、竹田アナ。  なんだか仲良し・・・(笑)

たくましい男性アナ達の背中。 
左から上坂アナ、堂野アナ、竹田アナ。 
なんだか仲良し・・・(笑)

 このように空き時間にも心をひとつにチームや選手について
情報共有をしています。

そして、今年も球場で多くの方から
「観てるよ!」と声をかけて頂きました。ありがとうございます。

中でも、一昨年と去年はスタンドリポートを担当し
選手のご家族への取材を多くしていたことから、
今年はそういった皆さんに「お久しぶりです!」と
声をかけて頂く機会が多かったです。

お子さんが卒業しても炎天下のスタンドから声援を送る皆さん。
聞くと「去年は息子を応援してもらったので」と口を揃えていました。

そして共通点がもうひとつ。

去年より表情が柔らかいのです。

「今年はもう、息子は投げないので!気が楽です~!(笑)」
と満面の笑みのお母さん。

あらためて、選手の家族も戦っていることを知った夏でした。


魅了されています

2017/07/06

名前に「金」も「歩」も入っているのですが

小さい駒も大きめに写るようにすると 顔がどアップ・・・失礼します・・・。

指せません…

ただ、このところの‘将棋フィーバー’はかなり楽しめています。

夫が将棋好きで、棋士の話は以前からよく聞いていたからです。
キャラクターの濃い棋士が多い将棋界。
棋士の話や、エピソードを聞くのは大好きですし、
我が家の楽しい話題のひとつでした。

最近そんな魅力あふれる棋士のみなさんが次々と
藤井四段の対戦相手として、情報番組の解説として、ゲストとして、
馴染み深い番組に出演されています。

我が家では
「ついにあの棋士が特集されてて、笑いを誘ってたよ」
「やっぱり。面白すぎるもんね(笑)」
など、さも自分たちが出演させたかのように話しています。

そんな流れもあり
ここ数日の私は、かつての天才棋士・米長邦雄さんの名言集にハマっています。
勝負や運、仕事や日常について考えさせられる数々の言葉があるのですが

最も奥が深いと思った名言のひとつ。
それは・・・

「モテない男の理由はハッキリしている。その男がケチだからである」

です。(数ある中からこれを選ぶ私って・・・そうです嫌な人間です・笑)

天才でありレジェンドである棋士がこのような名言も残している将棋界。

やはり大好きです。


anまかないフェス 名古屋

2017/06/05

5/19~5/21に名古屋・栄の久屋大通公園で開催された、
「anまかないフェス」のステージイベントで司会をしました。

流れ星さん、もえのあずき さん、フォーリンデブはっしーさん

流れ星さん、もえのあずきさん、フォーリンデブはっしーさん

お笑い好きの私。
大好きな流れ星のお二人と共演でき、とても幸せでした。
画面を通して観ていたちゅうえいさんの‘一発ギャグ’の数々が
目の前で次々と繰り広げられ
それらを最大限に引き立てる瀧上さんの話術にも感動しました。

仕事を忘れ、ただただ笑っていると時間が過ぎていった気がします。

p002そして、
グルメブログの王様・フォーリンデブはっしーさんの食レポにも舌を巻きました。
的確に味を伝えるだけでなく
その都度ステージゲストのみなさんにちなんだコメントを盛り込みながら
会場を盛り上げていて、とても勉強になりました!

メジャーデビューを控えた祭nineのみなさんは
若さ溢れるパワフルなパフォーマンスで会場中を魅了!

先生と生徒のよう(笑)

先生と生徒のよう(笑)

気温30度を超える炎天下で、
司会中は汗が出続けていましたが
みなさまからこの上ないパワーとエネルギーを頂いた3日間でした!

ありがとうございました。


先輩の優しさとモノマネ

2017/05/08

先日、「UP!」で 「25周年記念クレヨンしんちゃん展」の様子を
中継でお伝えしました。

会場には限定グッズが盛りだくさん!

会場には限定グッズが盛りだくさん!

少しだけしんちゃんのモノマネもさせて頂きました。
昔からモノマネ好きの私。
レパートリーのひとつがしんちゃんです。

事前にスタッフから許可を得た上での演出だったのですが
スタッフの中には中継の空気が白けないか懸念する人もいました。
(いわゆる“スベった”状態)

打ち合わせでそんな話が出た瞬間、しおりさん愛子さん
「いやいや!!!!歩ちゃんのしんちゃんは絶対大丈夫ですから!!
そんじょそこらのモノマネと一緒にしないでください!!!(笑)」と
猛アピールしてくれたのでした。

本当は自分で売り込むつもりでいたほどやりたかった「しんちゃん」
先輩の熱いプッシュがあって叶いました。

「歩ちゃん!!がんばってね!!!」と、
なにやらいつもと違う意味の応援もありつつ見送られ、
楽しく中継ができました。
しおりさん!愛子さん!ありがとうございました!!

子どもから大人まで心底楽しめる
クレヨンしんちゃん展は名鉄百貨店本店 本館で5月16日まで開催中です。

ひろしの靴下を嗅ぐ大人気コーナー。臭いですよ~(笑)

ひろしの靴下を嗅ぐ大人気コーナー。臭いですよ~(笑)


女子→ハピ(ジョシハピ)♪

2017/04/05

新年度ですね!

ドデスカ!」もこれまで以上にパワーアップして
さらに皆さんに愛される番組へと成長していきます。
今年度もよろしくお願いします。

浅尾美和さん、冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんと♪

浅尾美和さん、冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんと♪

私の担当コーナーもリニューアルしました。
これまでは「聞いて得する!達人直伝」でしたが
「マルトク生活レシピ・女子→ハピ(ジョシハピ)」に生まれ変わりました。
これまで同様、毎週月曜日の放送で、
月に一度は主婦の先輩・浅尾美和さんとともに
お伝えしていく予定です。

コンセプトは「働く女性」や「忙しいママさん」を応援し
日常生活の中でできるお得で便利な「ひと工夫」をお伝えするというもの。

ディレクターからは
「普段、主婦として生活で感じることをコメントに盛り込んでいってほしい」
と言われました。

よ~し!と意気込んだ初回の収録ですが

「今の言葉は主婦として恥ずかしくないかな?」
「『そんなことも知らないの?』とお叱りを受けないかしら」
「うーん。ここまで言うのもなぁ・・・。お義母さんも見ているし・・・」
など、迷う場面も。(最後のは個人的な躊躇です・笑)

そんな中、美和さんから収録後、
「これからふたりでスーパー主婦になっていこうね!」と言って頂き、
前向きな気持ちになりました。

主婦としてももちろんですが、
その前に一人の女性として憧れる美和先輩です。


マギー審司さん

2017/03/03

番組についてはまた後日お伝えしますね

番組についてはまた後日お伝えしますね

先日、マギー審司さんとご一緒しました。

さすが人気者のマギーさん。
ロケの終盤はたくさんの小学生に囲まれてしまいました。
スタッフ一同、マギーさんにご迷惑がかかるかもしれない・・・と思った矢先、

嫌な顔をするどころかいつもの温かい笑顔とユーモアを交えながら
近くにある物を使ってマジックを披露していました。

マギーさんの手から次々生まれる不思議に
小学生からは「おー!」「すげー!」「なんでー?!」の嵐。

子どもたちのキラキラした目を見ていると
心から幸せな気持ちになりました。

マギーさんにはその他にも一日中、たくさんのお心遣いを頂きました。
ありがとうございました。


聞き耳“UP!”でお願いします★

2017/02/03

手と口で「UP!(「あ」っ「ぷ」)」を表しています

手と口で「UP!(「あ」っ「ぷ」)」を表しています

この画像をメ~テレアナウンス部のツイッターに載せた日は
金曜日の「UP!」で望木アナと共演したとき♪
(「いいね」を下さったみなさんありがとうございました★)

実は最近
金曜日の「UP!」では、出演アナウンサーのほかにナレーションでさらにもうひとり
メ~テレアナウンサーが“声の出演”をしているのです。

誰が担当するのかは・・・

その週のお楽しみ♪♪

ぜひ、声当てゲーム(?)もしてみてくださると嬉しいです(^0^*)!


気持ちよく年を越せました★

2017/01/09

この場では今年初めてのご挨拶となります。
あらためまして
2017年もメ~テレに変わらぬご声援を宜しくお願い致します。

2016年を振り返ると
ここにもよく書いていますが、「ドデスカ!」の「達人直伝」のコーナーで
さまざまな達人技を伝授して頂いた、幸せな一年だったと思います。

私の感覚でもっとも反響があった回のひとつが
「懸賞の達人」(2016年12月12日・月 放送)です。

「斎藤さんだぞ!」「しもしも~?」

「斎藤さんだぞ!」「しもしも~?」

ハガキで応募する懸賞では、
【流行とユーモアを取り入れるべし!】という達人からの教えがありました。

ということで、
実際に上のようなハガキを送って検証してみたのです。
もちろん私の手描きです。

この放送の説得力を高めるためには結果(当選)を出すしかありません。
内心ドキドキでした。

結果は・・・

見事!当選!!!

「斎藤さん」のハガキが当たりました!

「斎藤さん」のハガキが当たりました!

当選者の欄に私の名前が載った新聞を
小走りで持ってきてくれた担当ディレクターの笑顔が忘れられません(笑)

2016年最後の運試しを兼ねたロケとなったのでした。
(よかったぁ~・・・!!)


馬の気持ち

2016/12/05

11月のある日。
笠松競馬場へロケに行きました。
中京競馬場は行ったことがありましたが笠松は初でした。

前日は一通りロケに関することを調べ終え、
名馬・オグリキャップの勉強をしました。
笠松競馬場が生んだこのスターを知らないままに足を踏み入れては
なんだかバチがあたるような(リポートでたくさん失敗しそうな)気がしたからです。

たちまち芦毛の怪物のとりこになった私。
銅像の写真だけは撮って帰ろうと誓いました。

無事撮れました♪

無事撮れました♪

このロケに際し、競馬好きのある人の言葉が心に残りました。

「馬が喋れないからいいんだよね」

その人曰く
「ケガを乗り越え、悲願の初勝利!」「親も成し遂げられなかった念願の連覇!」
などの言葉はあくまで人間が勝手につくったドラマであるのに
走っている馬を見ると本当に悲願や念願であるかのように見えてくる。
これが不思議で、たまらなく感動するのだとか。

なるほど。
馬にインタビューは出来ないけれど
だからこそいろんな感動が生まれるのか・・・。確かに面白いかも。
と、感心してしまいました。

そして、そんな人間のつくったドラマなんてつゆ知らず、
膠着していたり、なかなかゲートインしたがらなかったりする馬の姿を見ていると、
とても愛おしくもなりました。

天高く馬肥ゆる秋

天高く馬肥ゆる秋


愛着が湧きます

2016/11/04

いま、各アナウンサーのブログや、
アナウンス部のTwitterに溢れています
“フェアリーズ”!!私の作品がコチラです♪

「な~み~」といいます。

「な~み~」といいます。

一体どんな妖精なのか!!
こちらの動画で紹介しているのでぜひご覧ください★
https://youtu.be/AVepw5BJXA8

作成現場はこんな感じ。

真剣・・・?

真剣・・・?

徳重アナとおしゃべりしながら
1時間ほどで完成しました。

メ~テレアナウンサー全員挑戦したのですが
悩みに悩み、ダンボールを前になかなかハサミをいれない人や
下書きを丁寧にする人、あまり考えずとりあえず切ってから考える人(私です)など・・・
出来上がりもですが作業の仕方も個性が溢れていて、面白かったです。

アナウンサーのフェアリーズは順次公開されています。
ぜひ、「木梨憲武フェアリーズ@名古屋」のページを覗いてみてくださいね!