メ~テレトップアナウンサールーム > 金沢 歩

アナウンサールーム


あゆみより一歩、また一歩と、皆さんに『歩み寄り』ながら、毎日を過ごしたいです! そして、一歩でもいいから、日々前進! 毎日、必ず「なにかが」「どこかが」成長していますように・・・。

2018年のお正月

2018/01/09

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

仕事はじめはUP!のナレーションでした

仕事はじめはUP!のナレーションでした

正月は夫の実家である新城でのんびり過ごしました。

年末、「ドデスカ!」「女子ハピ」コーナー
義実家でのマナーをお伝えしたので
いろいろと意識はしてみたものの
やはり結局いつものように寛いでしまいました。

いつもメ~テレをみてくれているので
やはりこの放送の話は盛り上がりました。

中でも
和室で「好きなところに座っていいよ」と言われた際
どこに座るのが正しいマナーか・・・という問題では
「一旦は座布団のないところに座る」というのが正解でしたが
それについて義理の母や姉が
「そんなことされたら、座布団が汚れていたかしら?と逆に心配になっちゃう(笑)」、
と笑って話してくれました。

そんな温かい空気に身を委ね、大した手伝いもせず
ひたすらのんびりさせてもらったお正月。

ロケのとき、先生が何度も仰っていた
「親しき仲にも礼儀あり」
せめてこの言葉だけは忘れずにいようと思います。


「修作さん」と「with B」の話

2017/12/05

入社したときから「メ~テレアナウンサーになったからには一度はやりたい!」
と思っている仕事がありました。

修作さんと天気の情報を伝えることです。

先日の「UP!」でついにその夢が叶いました!
名古屋・栄のオアシス21で開催中の豊田合成リンクから
修作さんと天気コーナーを生中継でお伝えしたのです。

氷じゃないスケートリンク! 2/25まで開催しています

氷じゃないスケートリンク! 2/25まで開催しています

この日は寒い中リンクに居た皆さんに
お天気三択のクイズに参加して頂いたため
放送後は私も修作さんも、とにかく参加者に感謝、感謝・・・!
お礼を言いながら記念撮影をしていました。

その際、女性からの支持もさることながら男子高校生の皆さんから
「修作さん!!ハグしていいッスか!?」と言われていたりするなど
幅広い‘修作さん人気’を目の当たりにしました。
さ~っすがぁ!!!と思いました!!

さて、と。
話は変わります(笑・・・すみません修作さん)

その男子高校生集団は私の元へも写真を撮りに来てくれました。
私には
「with B していいッスか?!」と言うと
当然のように2人が向かい合ってしゃがみ、互いの片膝をつけ
王子のような格好になりました。

ポカンとしてしまった私に「座ってください!」と膝を指しています。

思わず吹き出し
「‘with Bする’って今、そういうことなんだ!!!」。

お笑いが大好きな私。
もちろんこのネタのこのフォーメーションは頭ではわかっていたのに
所謂「今の若者」のノリに瞬時に反応できなかったことがややショックでした。

写真も当然
(ブルゾンちえみさんのこの時のポーズってどんなだっけ?)
という、自信のなさからなんだか中途半端な感じになったことは言うまでもありません。

とはいえ久しぶりの学生の皆さんと触れ合いで、かなり元気になりました。
とても楽しい中継でした。
皆さん、修作さん、ありがとうございました。


杉本昌隆 棋士

2017/11/03

今日は文化の日ですね。

今もっとも勢いのある日本の文化のひとつ、「将棋」
先日、藤井聡太 四段の師匠 杉本昌隆 七段 と
「藤井聡太物語」の講談師 旭堂鱗林(きょくどうりんりん) さんとご一緒しました。

001

002

講談とおふたりの対談の2部構成のイベント。
終始笑いが止まらず幸せな時間でした!

ご存知の通り杉本七段はこの‘藤井聡太フィーバー’もあり
多くの取材を受けていますが、我々テレビ局に対して

「出会ってから数えるとけっこう僕は藤井四段に勝っているんですよね。
でも負けたエピソードを話しているところしか放送されないので・・・(笑)」
と朗らかに話し、会場は笑いに包まれました。

他にも
「藤井四段のすごいところは、随分格上であったり、ある意味負けて当然の対局でも
負けたら泣くほど悔しがるところ」
「棋士の仕事は日々の研究。対局する日はお給料をもらう日という感覚」
といった話など、たくさんの貴重な話をして下さいました。

とても勉強になりました。
ありがとうございました。


書かずにはいられないこと

2017/10/04

アムロスです。
それはもう、激しく。
家に並ぶツアーグッズやライブのブルーレイは、充実していてコレクションとも呼べます。

奈都子さんとライブに行く年もありました。 写真は今年のメ~テレ秋まつりにて♪

奈都子さんとライブに行く年もありました。
写真は今年のメ~テレ秋まつりにて♪

小さい頃聞いていた小室哲哉さんプロデュースの時代ももちろん大好きですが
私は本格的なHIP HOP(など)で歌詞がほぼ全て英語の、まさに今の安室さんの楽曲がより好きです。

初めは安室さん自身ですらそれらを歌いこなすのは大変だったとインタビューで話していた記憶があります。

それでも、昔のヒット曲に甘んじることなく
素人目にも年を追うごとに難度が上がっているとわかる楽曲とダンスを披露する姿から、
影の努力と攻めの姿勢が自然と伝わってきます。

ただ感動するあまり、ライブの帰り道
「安室ちゃんって、何歳までこのステージを観せてくれるんだろう」
とも思うこともしばしばあったので
引退のニュースは確かにショックでしたが、そういう点ではどこか納得がいく自分がいました。


私の一番好きな安室さんの言葉は、

「私より歌の上手い歌手の方はたくさんいる。
私より踊りの上手いダンサーさんもいっぱいいる。
だけど、歌って踊る事に関しては、私は誰にも負けたくない。負けない自信もある」

私も自分の中にある真の強みを
最後まで貫ける女性になりたいと思いました。

あと1年。
「スーパースター 安室奈美恵」
しっかりと心に焼き付けたいです。


幸せな2日間

2017/09/05

W杯アジア最終予選
日本 対 オーストラリア。
絶対に負けられない戦いの中の、負けられない一戦。
見事勝利し、日本が6大会連続のW杯出場を決めました。

両端はゲストのFC岐阜シシーニョ選手と高木義成選手。 そして堂野アナとスタジアムDJの平松伴康さん♪

両端はゲストのFC岐阜シシーニョ選手と高木義成選手。
そして堂野アナとスタジアムDJの平松伴康さん♪

この運命の日、長良川競技場でパブリックビューイングのMCを担当し
歴史的瞬間は最高の形でみなさんと盛り上がりました。

キックオフ直前には
名古屋会場(パロマ瑞穂スタジアム)、広島会場(旧広島市民球場跡地)
と中継を繋ぎ、冗談も交えながら楽しく各地でひとつになりました!
ゲストのみなさま、ありがとうございました!
やはりこういったスポーツイベントは一体感も増し、いいものですね!

興奮が残る翌日は
UP!」で愛知県豊橋市の人気焼肉店、若葉亭から生中継。

渥美半島のブランド牛、田原牛とあつみ牛を贅沢に頂きました。

渥美半島のブランド牛、田原牛とあつみ牛を贅沢に頂きました。

こちらも中継冒頭、仕事帰りのお父さまグループに「イエ~イ!」と
大変盛り上げて頂きました。

歓喜の瞬間に、感極まるほどの絶品ブランド牛・・・。
最高の2日間でした。
ありがとうございました♪


親心

2017/08/04

今年もドデスカ!で「めざせ!甲子園」のコーナーを担当させてもらいました。

取材現場には「高校野球はメ~テレ」という通り、
多くのアナウンサーが球場にいます。

「甲子園への道」担当の望木アナと取材! 私は勝手に「ボブヘアコンビ」と呼んでいます

「甲子園への道」担当の望木アナと取材!
私は勝手に「ボブヘアコンビ」と呼んでいます

 

 

たくましい男性アナ達の背中。  左から上坂アナ、堂野アナ、竹田アナ。  なんだか仲良し・・・(笑)

たくましい男性アナ達の背中。 
左から上坂アナ、堂野アナ、竹田アナ。 
なんだか仲良し・・・(笑)

 このように空き時間にも心をひとつにチームや選手について
情報共有をしています。

そして、今年も球場で多くの方から
「観てるよ!」と声をかけて頂きました。ありがとうございます。

中でも、一昨年と去年はスタンドリポートを担当し
選手のご家族への取材を多くしていたことから、
今年はそういった皆さんに「お久しぶりです!」と
声をかけて頂く機会が多かったです。

お子さんが卒業しても炎天下のスタンドから声援を送る皆さん。
聞くと「去年は息子を応援してもらったので」と口を揃えていました。

そして共通点がもうひとつ。

去年より表情が柔らかいのです。

「今年はもう、息子は投げないので!気が楽です~!(笑)」
と満面の笑みのお母さん。

あらためて、選手の家族も戦っていることを知った夏でした。


魅了されています

2017/07/06

名前に「金」も「歩」も入っているのですが

小さい駒も大きめに写るようにすると 顔がどアップ・・・失礼します・・・。

指せません…

ただ、このところの‘将棋フィーバー’はかなり楽しめています。

夫が将棋好きで、棋士の話は以前からよく聞いていたからです。
キャラクターの濃い棋士が多い将棋界。
棋士の話や、エピソードを聞くのは大好きですし、
我が家の楽しい話題のひとつでした。

最近そんな魅力あふれる棋士のみなさんが次々と
藤井四段の対戦相手として、情報番組の解説として、ゲストとして、
馴染み深い番組に出演されています。

我が家では
「ついにあの棋士が特集されてて、笑いを誘ってたよ」
「やっぱり。面白すぎるもんね(笑)」
など、さも自分たちが出演させたかのように話しています。

そんな流れもあり
ここ数日の私は、かつての天才棋士・米長邦雄さんの名言集にハマっています。
勝負や運、仕事や日常について考えさせられる数々の言葉があるのですが

最も奥が深いと思った名言のひとつ。
それは・・・

「モテない男の理由はハッキリしている。その男がケチだからである」

です。(数ある中からこれを選ぶ私って・・・そうです嫌な人間です・笑)

天才でありレジェンドである棋士がこのような名言も残している将棋界。

やはり大好きです。


anまかないフェス 名古屋

2017/06/05

5/19~5/21に名古屋・栄の久屋大通公園で開催された、
「anまかないフェス」のステージイベントで司会をしました。

流れ星さん、もえのあずき さん、フォーリンデブはっしーさん

流れ星さん、もえのあずきさん、フォーリンデブはっしーさん

お笑い好きの私。
大好きな流れ星のお二人と共演でき、とても幸せでした。
画面を通して観ていたちゅうえいさんの‘一発ギャグ’の数々が
目の前で次々と繰り広げられ
それらを最大限に引き立てる瀧上さんの話術にも感動しました。

仕事を忘れ、ただただ笑っていると時間が過ぎていった気がします。

p002そして、
グルメブログの王様・フォーリンデブはっしーさんの食レポにも舌を巻きました。
的確に味を伝えるだけでなく
その都度ステージゲストのみなさんにちなんだコメントを盛り込みながら
会場を盛り上げていて、とても勉強になりました!

メジャーデビューを控えた祭nineのみなさんは
若さ溢れるパワフルなパフォーマンスで会場中を魅了!

先生と生徒のよう(笑)

先生と生徒のよう(笑)

気温30度を超える炎天下で、
司会中は汗が出続けていましたが
みなさまからこの上ないパワーとエネルギーを頂いた3日間でした!

ありがとうございました。


先輩の優しさとモノマネ

2017/05/08

先日、「UP!」で 「25周年記念クレヨンしんちゃん展」の様子を
中継でお伝えしました。

会場には限定グッズが盛りだくさん!

会場には限定グッズが盛りだくさん!

少しだけしんちゃんのモノマネもさせて頂きました。
昔からモノマネ好きの私。
レパートリーのひとつがしんちゃんです。

事前にスタッフから許可を得た上での演出だったのですが
スタッフの中には中継の空気が白けないか懸念する人もいました。
(いわゆる“スベった”状態)

打ち合わせでそんな話が出た瞬間、しおりさん愛子さん
「いやいや!!!!歩ちゃんのしんちゃんは絶対大丈夫ですから!!
そんじょそこらのモノマネと一緒にしないでください!!!(笑)」と
猛アピールしてくれたのでした。

本当は自分で売り込むつもりでいたほどやりたかった「しんちゃん」
先輩の熱いプッシュがあって叶いました。

「歩ちゃん!!がんばってね!!!」と、
なにやらいつもと違う意味の応援もありつつ見送られ、
楽しく中継ができました。
しおりさん!愛子さん!ありがとうございました!!

子どもから大人まで心底楽しめる
クレヨンしんちゃん展は名鉄百貨店本店 本館で5月16日まで開催中です。

ひろしの靴下を嗅ぐ大人気コーナー。臭いですよ~(笑)

ひろしの靴下を嗅ぐ大人気コーナー。臭いですよ~(笑)


女子→ハピ(ジョシハピ)♪

2017/04/05

新年度ですね!

ドデスカ!」もこれまで以上にパワーアップして
さらに皆さんに愛される番組へと成長していきます。
今年度もよろしくお願いします。

浅尾美和さん、冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんと♪

浅尾美和さん、冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんと♪

私の担当コーナーもリニューアルしました。
これまでは「聞いて得する!達人直伝」でしたが
「マルトク生活レシピ・女子→ハピ(ジョシハピ)」に生まれ変わりました。
これまで同様、毎週月曜日の放送で、
月に一度は主婦の先輩・浅尾美和さんとともに
お伝えしていく予定です。

コンセプトは「働く女性」や「忙しいママさん」を応援し
日常生活の中でできるお得で便利な「ひと工夫」をお伝えするというもの。

ディレクターからは
「普段、主婦として生活で感じることをコメントに盛り込んでいってほしい」
と言われました。

よ~し!と意気込んだ初回の収録ですが

「今の言葉は主婦として恥ずかしくないかな?」
「『そんなことも知らないの?』とお叱りを受けないかしら」
「うーん。ここまで言うのもなぁ・・・。お義母さんも見ているし・・・」
など、迷う場面も。(最後のは個人的な躊躇です・笑)

そんな中、美和さんから収録後、
「これからふたりでスーパー主婦になっていこうね!」と言って頂き、
前向きな気持ちになりました。

主婦としてももちろんですが、
その前に一人の女性として憧れる美和先輩です。