メ~テレトップアナウンサールーム > 石神 愛子

アナウンサールーム


石神愛子の あい ことばみんなを愛し愛されるように…との願いが込められた「愛子」という名前。 周りを幸せにする「あい」を合言葉に多くの人と出会い言葉を綴ることで、皆さんと相思相愛になれたら…と思っています。

青春万歳!

2016/04/27

先日、UP!特集コーナー「セカンドライフ経済学」の取材に行きました。
今回はシニア世代の「大人の趣味」ということで
愛知県森林公園へ・・・

青空の下、さっそく作ったのは・・・

工作の時間のようで、楽しかった!!

工作の時間のようで、楽しかった!!

そう、「紙飛行機」です!!
隣で教えて下さったのは「紙飛行機を飛ばす会 愛知」の坂下勝博さん。
全国大会で優勝経験もある達人です。

正直、紙ヒコーキというと
折り紙を折る→喜び勇んで飛ばす→数秒で地面に落下→飽きる・・・
という幼い頃の体験からか、私にとってあまり期待感の無いものでした。

しかしながら、この紙飛行機は違う!!
製作段階からフォルムにしろ、角度にしろ、「これは飛びそう」感がスゴイんです!!

出来上がるとすぐに青空&芝生へ駆け出し、記念すべき第一投!!

記録は数メートルです(笑)

記録は数メートルです(笑)

飛距離はさておき、
いやー!気持ちよかった!!
写真では手で飛ばしていますが、実はこの競技はゴムを使って飛ばすのがルール。

キリキリと極限までゴムを伸ばし空へ向かって放つと、
次の瞬間、すでに数十メートルの高さで滑空しています。
初心者の私でも100メートル先まで飛ぶことも。
こんなに高く遠くまで紙飛行機を飛ばしたことがないので、
体験したことの無い爽快感でした!!

参加されている皆さんは60代や80代の方々がほとんどでしたが、
皆さん目を少年のように輝かせているのがとっても印象的でした!

今回沢山のシニアの方に趣味についてお聞きしましたが
若い頃やりたかったこと、やれなかったことにもう一度挑戦しよう、という方が多く
皆さんとてもキラキラしていました。

「一生、青春」という言葉があるけれど
若い頃の青い春とは一味もふた味も違う。
人生の喜怒哀楽を全て経験した後の「青春」は
きっと涙が出てきてしまうほど豊かで尊く、濃いものなのだと思います。本当に素敵でした。

UP!特集「セカンドライフ経済学」は5月4日(水)放送予定です。
シニアの皆さんの生き生きとした姿に元気をもらえるはず!ぜひご覧下さい。

沢山の種類の紙飛行機を頂きました!有難うございました!!

沢山の種類の紙飛行機を頂きました!有難うございました!!