メ~テレトップアナウンサールーム > 石神 愛子

アナウンサールーム


石神愛子の あい ことばみんなを愛し愛されるように…との願いが込められた「愛子」という名前。 周りを幸せにする「あい」を合言葉に多くの人と出会い言葉を綴ることで、皆さんと相思相愛になれたら…と思っています。

お片づけ

2016/03/29

先日、満を持して「本気のお片づけ」に挑戦しました。

ちなみに石神の部屋は、
仮に友人が急に行きたいと言った場合、少し渋りつつ「15分待って」と答えるような・・・
「中の下」辺りの状態で通常運行しています。

特に不便を感じずのほほんと暮らしていたのですが
先日書店で、ふと流行の「お片付けの本」が目に入り・・・
読後早々、「このままではイケナイ!!」と焦り出し、週末に挑戦することにしたのです!

まずは衣類を全て出すという作業からスタート。
タンスやらクローゼットから服をどんどん引っ張り出していくうちに
目の前にひざの高さほどの山が出現・・・
山に圧倒され傍観すること10分・・・(笑)
我に返り、「要る」「要らない」を分けていきます。
山の威圧感に何度も心が折れ、
部屋の隅で体操座りを繰り返しつつ数時間かけて選別。
その結果・・・!!

ダンボール3箱分の「サヨナラ」する服たち・・・

ダンボール3箱分の「サヨナラ」する服たち・・・

達成感を感じたのも束の間。
目の前には依然「要る」服の山がそびえ立っている訳で。
固いそのスクラムを少しずつ崩し
使い勝手を考えながら空っぽの収納ケースにトライし続けること2時間・・・
日も暮れかけ、
畳んだ服を左から右に縦方向に入れるという自分なりのルーティーンも確立したその時!
歓喜の瞬間が訪れます・・・!!

アフター(ビフォーを撮っておけばよかった…)

アフター(ビフォーを撮っておけばよかった…)

~♪なんということでしょう…

パンパンだった収納に隙間が出来ているほか、
使いやすく縦に畳まれた服たちが嬉しそうに並んでいます・・・~♪

すっかり存在を忘れていた数々の服たちと再会を果たしたのは勿論
気持ちまで清清しくなるというメンタルな収穫もありました!

別の日には、本や雑貨にも着手。
読んでなかった本、忘れていたモノが想像以上にあって1人苦笑い・・・でしたが
この一連のお片づけを通じてひとつ気付いたことがあります。

お片づけとはモノと向き合うということ。
モノと向き合うという事は、
過去の自分の喜びや悲しみ、忘れていた志に再度向き合う事なのかも知れません。

始まりの春。
自分と向き合い、部屋も身も心もすっきりして
軽やかに新たなスタートが切れるといいですね♪

「UP!」スタジオにも春♪皆さん素敵なスタートを!

「UP!」スタジオにも春♪皆さん素敵なスタートを!