アナウンサールーム


シネマニッキ

話題の映画の監督・出演者をメ~テレアナウンサーが直撃。見所や撮影現場での裏話を大公開しちゃいます!

162

絶対食べたくなります!

2015/01/31
担当: 大塚 奈央子

ふわふわの卵焼き、タコさんウィンナーにカレーライス。
いまにもスクリーンの中から、美味しい匂いがこぼれてきそう。
観たら必ずお腹がへる映画「深夜食堂」がまもなく公開です。

繁華街の路地裏にある小さな食堂で繰り広げられる人間ドラマを
描いた映画。
小林薫さん演じるマスターが作る料理がみどころの一つです。

監督の松岡錠司さんにお話を聞きました。

実は、愛知県一宮市出身の監督。
今回映画の中で、愛知のご当地グルメが登場しているのです!
それは、鉄板スパゲティ。
「あつあつの鉄板の上に卵焼きとスパゲティ。僕にとって、
ナポリタンはこれ!懐かしいお母ちゃんの味だなあ。」と、テンションがあがっている様子でした。
映画には、監督の地元・愛知への思いも盛り込まれているようです。

そして、卵焼きやカレーライス、とろろご飯といった庶民の味を、
手際よく作るマスターを演じる、主演の小林薫さんですが、
実際、料理の腕前は・・・?との質問に、監督は、
「とても勘がよくて、一度の練習でも様になっていた。さすが!」と、
絶賛する一方、
「でもね、小林さん、作るよりも試食ばかりしていた気も
するけどね(笑)。」
と、撮影現場でのおもしろエピソードも披露してくれました。

また、ドラマから始まった作品だけに、気心の知れたキャストやスタッフはとても仲良し。
“松岡組”と称されるほどだそうです。
その空気感が、スクリーンを通しても感じられる作品になっています。

食欲そそる料理と共に展開される、お客さんたちの悲喜こもごもの
人生模様。
お腹はへっても、心は満たされる映画「深夜食堂」は、31日公開です。

インタビューの模様は、1月31日(土)の「昼まで待てない!」を
ご覧ください。


BACK NUMBER